目次へ  縦書き

四一九

     映画劇「ベーリング鉄道」序詞

一九二五、二、一五、

これは吹雪ふぶきが映したる
珊砂の嵐
Lap Nor(湖)の幻燈でございます
まばゆい流砂の蜃気楼でございます
この地方では吹雪せこいなに甘くあたたかくて
恋人のやうにみんなの胸を切なくいたします
雲もぎらぎらにちぢれ
木が幻照のなかから生え立つとき
翻へったり砕けたり或は全い空明を示したり
吹雪はかゞやく流砂のごとくに
地平はるかに移り行きます
それはあやしい火にさへなって
ひとびとの視官を眩惑いたします
或は燃えあがるボヘミヤの玻璃
すさまじき光と風との奏鳴者
そも氷片にまた趨光の性あるか
はた白金の極を索むる泳動か
旋る日脚に従って
(そらのフラスコ)四万アールの散乱質は
地平はるかに遷り行きます
その風の脚、
まばやくまぶしい光のなかを
スキップといふかたちをなして
一の影こなたへ来れば
いまや日は乱雲に落ち
そのへりは烈しい鏡を示します

【「四一九 奏鳴的説明」下書稿(一)】