目次へ  縦書き

四一五

     四聖諦

一九二五、二、一五、

雪を穿った洞の奥
暮れちかい
吹雪の底の
半分暮れた店さきに
小さないちはの家鴨の子
萌黄いろしたきれいな頚を
すなほに伸ばして吊り下げられる
   ……屠者はおもむろに呪し
     鮫の黒はわびしく凍る……
粉雪のいく度かの擦過のなかから
巡礼に出た百姓たちの
鈴のひびきがきこえてくる

【「四一五〔暮れちかい 吹雪の底の店さきに〕」下書稿(一)】