目次へ  縦書き

三五八

     峠

一九二五、一、九、

あんまり眩ゆく山がまはりをうねるので
ここらはまるで何か光機の焦点のやう
蒼穹あおぞらばかり、
いよいよ暗く陥ち込んでゐる、
  (鉄鉱床のダイナマイトだ
   いまのあやしい呟きは!)
冷たい風が、
せはしく西から襲ふので
白樺はみな、
ねぢれた枝を東のそらの海の光へ伸ばし
雪と露岩のけはしい二色の起伏のはてで
二十世紀の太平洋が、
青くなまめきけむってゐる
黒い岬のこっちには
釜石湾のエメラルド
   ……そこでは叔父のこどもらが
     みんなすくすく育ってゐた……
あたらしい風が翔ければ
白樺の木は鋼のやうにりんりん鳴らす

【「三五八 峠」下書稿】