目次へ  縦書き

三三八

     異途への出発

一九二五、一、五、

月の惑みと
巨きな雪の盤とのなかに
あてなくひとり下り立てば
あしもとは軋り
寒冷でまっくろな空虚は
がらんと額に臨んでゐる
   ……楽手たちは蒼ざめて死に
     嬰児は水いろのもやにうまれた……
グランドの雪いちめんに
たくさんのたくさんの尖った青い燐光が
そんなにせわしく浮沈すれば
わたくしはとめどなく泪がながれる
   ……アカシヤの木の黒い列……
みんなに義理を缺いてまで
気負んだ旅に出るといっても
結局荒さんだ海辺の原や
林の底の渦巻く雪に
からだをいためて来るだけだから
ほんたうはもうどうしていいかわからない
   ……底びかりする水晶天の
     ひとひら白い裂罅です……
雪がいっさううつくしくきらめいて
あくまでわたくしをかなしくする

【「三三八 異途への出発」下書稿(一)】