目次へ  縦書き

三三一

     凍雨

一九二四、一〇、二四、

つめたい雨も木の葉もふり
みんなはけらで行き急ぐ
  ……凍らす風によみがへり
    かなしい雲にわらふもの……
林は黝くすゝきのまばらな穂もひらかず
風のあかりやおぼろな雲にあらはれながら
きゃらの樹が塔のかたちにつくられたり
うまやのまへでトマトが青く腐ったりする
北は鍋倉円満寺
南は太田飯豊笹間

渡りのむくのひと群が
雨やエレキに溶かされて
きれいな白い骨ばかり

雲すれすれその天末の氷の環に翔けて行く

【「三三一 凍雨」下書稿(一)】