目次へ  縦書き

三〇四

     鳥がどこかでまた青じろい尖舌シタを出す

一九二四、九、一七、

針葉の方の樹木やつら
ピネンも噴きリモネンも噴き酸素も噴く
栗の木の方は
まづおきまりの酸素を出して
あとは緑のラムプをさらに吊りさげる
  ……林いっぱい蜂のふるひ……
その栗の木の隙間から
さまざまな飾禾草オーナメンタルグラスの芒や
古くさい宝石針が射しこんでくる
華奢にひかって
ひるがへるのは何鳥だ
水いろのそら、白い雲
すっかりアカシヤづくりになった
  ……こんどは蝉の瓦斯発動機ガスエンヂンが林をめぐり
    日は青いモザイクになって砕ける……
鳥はどこかで
青じろい尖舌シタを出すことをかんがへてるぞ
    (Gaillardox-gaillardae)
ところがどうだ諸君
森ぜんたいの空気の分を
百分の一リットルごとに
蜘蛛がすっかり糸で区劃りをつけてゐる
たまたま林の上であのまっ青な凹面鏡がゆすれると
そこらはまるで暗い虹だの
顫へるなみでいっぱいになる
そのたゞなかを
そのたゞなかを
あのありふれた百が単位の羽虫の群が
ミクロドームにやられずに
光って光って自由自在に飛んでゐる
もうかうなると概念論もいかものなどは間に合はない
羽虫がさういふ性質だとでもするんだな
    (Gaillardoxギロチンドックス-gaillardaeギロチンデイ
鳥がどこかで
また青じろい舌を出す

【「三〇四〔落葉松の方陣は〕」下書稿(一)】