目次へ  縦書き

二七

     鳥の遷移

一九二四、六、廿一、

鳥がいっぴき葱緑の天をわたって行く
わたくしは二こゑのかくこうを聴く
あのかくこうがすこうしまへに啼いたのだ
それほど鳥はひとり無心に飛んでゐる
鳥は遷り
あとはだまって飛ぶだけなので
ここはしばらく
原始のさびしい空虚よなる
  ……きららかに畳む山地と
    青じろいそらの縁辺……
鳥はもう見えず
いまわたくしのいもうとの
墓場の方で啼いてゐる
  ……その墓森の松のかげから
    黄いろな電車がすべってくる
    ガラスがいちまいふるえてひかる
    もう一枚がならんでひかる……
鳥はいつかずっとうしろの
煉瓦工場の森にまはって啼いてゐる
あるひはそれはべつのかくこうで
さっきのやつはだまってくちはしをつぐみ
水を呑みたさうにしてそらを見上げながら
やっぱり墓の松の木などにとまってゐるかもわからない

【「二七 鳥の遷移」下書稿(一)】