目次へ  縦書き

一三三

     島祠

一九二四、五、二三、

うす日の底の三稜島は
樹でいっぱいに飾られる
海はもとより水銀で
たくさんのかがやかな鉄針は
水平線に並行にうかび
ことにも繁く島の左右にあつまれば
鴎の声もなかばは眩む
パリスグリン巴里緑の色丹松や緑礬いろのとどまつ、ねずこ
また水際には新たな銅で被はれた
巨きな枯れたいたやもあって
風のながれとねむりによって
みなさわやかに酸化され還元される

【「一三三 〔つめたい海の水銀が〕」下書稿(一)】