目次へ  縦書き

一一六

     水の結婚

一九二四、五、一九、

東には黒い層積雲の棚ができて
古びた緑青いろの半島が
ひるの寂寥をたたえてゐる
その突端と青い島とのさけめから
ひとつの漁船がまばゆく尖って現はれる

波は潜まりきらびやかな点々や
反覆される四部輪唱の水平や
その面映ゆいいくたびの正反射
あるひは海蒼と銀との縞を織り
また錫病と伯林青プルシャンブルー
水がその七いろの衣裳をかへて
   ……東邦風のあかるく喧澄な結婚式……
わたくしに誇ってゐるときに
けむりはながれ
水脉はさびしい砒素鏡になる

わたくしは南に一つの山彙を見
また雨雲ニムプスの渦巻く黒い尾をのぞむ

【「一一六 津軽海峡」下書稿(一)】