目次へ  縦書き

九三

     〔日脚がぼうとひろがれば〕

一九二四、五、八、

日脚がぼうとひろがれば
つめたい西の風も吹き
黒くいでたつむすめが二人
接骨木藪をまはってくる
けらを着 縄で胸をしぼって
睡蓮の花のやうにわらひながら
ふたりがこっちへあるいてくる
その蓋のある小さな手桶は
けふははたけへのみ水を入れて来たのだ
ある日は青い蓴菜を入れ
欠けた巨きなの椀を泛べて
朝がこれより爽かなとき
町へ売りにも来たりする
赤い漆の小さな桶だ
めいめい鍬を二挺づつ
けらにしばってゐるものだから
この人たちは
鳥の踊りフォーゲルダンツの舞手とも見える
そんなら風よ
おまへがいつかステップ地方で歌ったやうに
今日はいちにち
この人たちのはたらくそばでふるえてくれ
今日はいちにち風よたのしいおまへのことばを
この人たちにさゝやいてくれ

【「九三 〔日脚がぼうとひろがれば〕下書稿(二)】