目次へ  縦書き

九〇

     春

一九二四、五、六、

祠の前のちしゃのいろした草はらに
木影がまだらに降ってゐる
   ……鳥は、コバルト山に、翔け……
ちしゃのいろした草地のはてに
杉がもくもくならんでゐる
   ……鳥は、コバルト山に、翔け……
那智先生の筆塚が
青ぐもやまた五月の底で
銭のかたちの粉苔こごけをつける
   ……鳥は、コバルト山に、翔け……
二本の巨きなとゞまつが
荒さんで青く塚のうしろに立ってゐる
   ……鳥は、コバルト山に、翔け……
樹のいちいちの心からは
虚像が惑く風に描かれる
   ……鳥はあっちでもこっちでも
     朝のピッコロを吹いてゐる……

【「九〇 〔祠の前のちしゃのいろした草はらに〕」下書稿(一)】