目次へ  縦書き

八六

     郊外

一九二四、五、四、

風が七時の汽車のひびきを吹いて来て
はやしのへりで巨きな硝子ガラスの壁になる
   ……その半成のローマネスクの内側で
     鷺がするどく叫んでゐる……
こんどは風の少しの外れを
かへるはにわかにぼそぼそすだく
   ……こんやも山が焼けてゐる……
蒼く古びた薄明穹の下である
野原ははげしいかげらふのなみ
いちれつゆれる停車場の灯と
濁って青い信号燈シグナル浮標ヴイ
   ……焼けてゐるのは達曾部あたり……
あたらしい南の風が
彎みを越えて砕ければ
そこからはほのかな
馬をなだめる遥かな野ばらのかほりもながれてくる
   ……山火がにわかに二つになる……
シグナルは赤く変ってすきとほり
急行列車の骨格が防雪林を音なく北へかけぬける
   ……山火はけぶり 山火はけぶり……
かへるはあちこちしづかにすだき
風のまはりの青い氛囲気
こんどは暗い一つの風が
にはかな北のいなびかりからわづかに白く洗はれる

【「八六 山火」 下書稿(一)】