目次へ  縦書き

七四

     普香天子 (infantism)

一九二四、四、二〇、

お月さま
東の雲ははやくも蜂蜜のいろに燃え
丘はかれ草もまだらの雪も
すっかり明るくなりましたが
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします

ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲のなかやあるひはけぶる青ぞらを
しづかにわたってゐらせられ
また黎明のはじまりには
二つの雲の炭素棒のあひだに
黄いろの古風な弧光のやうに
熱しておかかりあそばした
むかしの普香天子さま
あなたの近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あらたにあなたがお吐きになる
エステルの香は雲にみちます

おつきさま
あなたはいまにはかにくらくなられます

【「七四 〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕」 下書稿(一)】