目次へ  縦書き

四五

     海蝕台地

一九二四、四、六、

日がおしまひの八分圏オクタントにはいってから
そらはすっかり鈍くなり
台地はかすんで優鉢羅うばら華燈けたう油の海のやう
  ……かなしくもまたなつかしく
    遍路の春の胸を噛む
    求宝航者シンドバードの海のいろ……
そこには波がしらの模様に雪ものこれば
いくつものからまつばやしや谷は
あえかなそらのけむりにつゞく
  ……それはひとつの海蝕台地
    むかしの海の記念碑である……
たよりなくつけられたそのみちをよぢ
わたくしはこのかなしい夕景のなかに消えていきたい
ぼんやりつめたい四月のしろいそらになりたい

【「四五 海蝕台地」 下書稿(一)】