目次へ  縦書き

二九

     休息

一九二四、四、四、

中空なかぞらは晴れてうららかなのに
西の雪の上ばかり
ぼんやり白く淀んでゐる
そこにはいくつかの雲の肖像
巨大な洞窟人類の
方向のないLibidoをかゝげ
ひばりはあちこち啼いてゐる

氷と藍との東橄欖山地から
つめたい風が吹いてきて
ねむたいわたしのもとに
つぎからつぎとまことをちかひ
またあかしやの棘ある枝や
すがれの禾草を鳴らしたり
三本立ったよもぎの茎に
ふしぎなおどりをさせたりする
    (エッコロ クアア)
数知らぬひかりの点がうき沈み
乱積雲の肖像はゆるやかに北へながれる

【「二九 休息」 下書稿(一)】