目次へ  縦書き

二五

     早春独白

一九二四、三、三〇、

根もとの紅い萱でつくったすみすごを
頭帛かつぎもぬれて背ひながら
あなたが車室に乗れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい凝灰岩タフの反射と
     いそがしく顫ふモーター……
根もとの紅い萱でつくった木炭すごを
もう百枚もせなに負ひ
山の襞もけぶってならび
川もごうごう激してゐる
山峡のおぼろな霙のなかを
かぢえて赤い両手を頬で暖めながら
この町行きの貨物列車にかけて来て
あなたはわづかに乗ったのでした
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     妖しい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつつましやかにあなたがたてば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやりくもる窓のこっちで
あなたは赤いナッセンネルのひときれを
エヂプト風にかつぎかへます
   ……氷期の巨きな吹雪のすゑ
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が落ち
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります

【二五 早春独白 下書稿(一)】