目次へ  縦書き

〔一九〕

     村道

一九二四、三、三〇、

電線は伸びてオルゴールもきこえず
赤楊の梢の玻璃ガラスの網や
山の尖りも氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香とだけでできてるやう
湿田ヒドロの面はまだ氷晶をたもってゐるが
乾田かただの雪はたいてい消えて
青いすゞめのてっぱうも
もうあちこちに萌えだした
みちはやはらかな湯気をあげ
次から次と町へ行く馬のあしなみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした巨きなスナップ兄弟で
ここらの犬とはげしく走って好意を交はす
ひばりはうろこ雲に飛び
また日の面のうす霧や
麸を買って羹をつくり
雪消の水に種籾をつける
今日は彼岸の終りである
また灰光のくるみの森や
何が出るともわからない
巨きな作のトランプの
まづ一枚が今日おだやかにめくられる

【一九 〔塩水撰・浸種〕 下書き稿(一)】