目次へ  縦書き

一四

     〔湧水みず〕を呑まうとして〕

一九二四、三、二四、

湧水みずを呑まうとして
(却って)犬の毛皮の手袋などを泥に落し
あわててぴちゃぴちゃ洗ったりするものだから
きせるをくわいたり
日光にあたったりしてゐる
小屋葺き替への、村人たちが哂ふのだ

【一四 〔湧水を呑まうとして〕 下書き稿(一)】