目次へ  縦書き

九九

〔鉄道線路と国道が〕

一九二四、五、一六、

鉄道線路と国道が、
ここらあたりは並行で、
並木の松は、
そろってみちに影を置き
電信ばしらはもう堀りおこした田のなかに
でこぼこ影をなげますと
いたゞきに花をならべて植えつけた
ちいさな萱ぶきのうまやでは
馬がもりもりかいばを噛み
頬の赤いはだしの子どもは
その入口に稲草の縄を三本つけて
引っぱったりうたったりして遊んでゐます
柳は萌えて青ぞらに立ち
田を犂く馬はあちこちせはしく行きかへり
山は草火のけむりといっしょに
青く南へ流れるやう
雲はしづかにひかって砕け
水はころころ鳴ってゐます
さっきのかゞやかな松の梢の間には
一本の高い火の見はしごがあって
その片っ方の端が折れたので
赭髪の小さなgoblinが
そこに座ってやすんでゐます
やすんでこゝらをながめてゐます
ずうっと遠くの崩れる風のあたりでは
草の実を啄むやさしい鳥が
かすかにごろごろ鳴いてゐます
このとき銀いろのけむりを吐き
こゝらの空気を楔のやうに割きながら
急行列車が出て来ます
ずゐぶん早く走るのですが
車がみんなまはってゐるのは見えますので
さっきの頬の赤い子どもは
稲草の縄をうしろでにもって
汽車の足だけ見て居ます
その行きすぎた黒い汽車を
この国にむかしから棲んでゐる
三本鍬をかついだ巨きな人が
にがにが笑ってじっとながめ
それからびっこをひきながら
線路をこっちへよこぎって
いきなりぽっかりなくなりますと
あとはまた水がころころ鳴って
馬がもりもり噛むのです

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

九九

行脚僧の五月

一九二四、五、一六、

これは所謂芬芳五月
陸中国の清明である
並木の松と家とはみちに影を置き
それははるかな青岱や
古びてひかる残雪ともり
所感の外のものならず
いたゞきに花をならべて植えつけた
ちいさな萱ぶきのうまやでは
馬がもりもりかいばを噛み
朱頬徒跌のうなゐ子は
その入口に稲草の縄を三本つけて
引っぱったりうたったりして遊んでゐます
五柳は萌えて青ぞらに立ち
田を犂く馬は隨処せわしく往返し
山彙草火のけむりとともに
青く南へ流れるならば
雲はしづかにひかってちぢれ
満ちては春も惚惶として
明日の青い嵐に謝する
さっきのかゞやかな松の梢の間には
一本の高い火の見はしごがあって
その片っ方の端が折れたので
赭髪の小さなgoblinが
そこに座ってやすんでゐる
やすんでこゝらをながめてゐる
ずうっと遠くの崩れる風のあたりでは
草の実を啄むやさしい鳥が
かすかにごろごろ鳴いてゐる
これは所謂清明五月
あしたは移る陸中国の風景である



(下書稿1推敲後)

九九

行脚僧の五月

一九二四、五、一六、

これは所謂清明五月、
昔ながらの唯心日本の風景です
並木の松と家とはみちに影を置き
それははるかな青岱や黄ばんでひかる残雪とともに
所感の外のものならず
いたゞきに花をならべて植えつけた
ちいさな萱ぶきのうまやでは
黒馬もりもりかいばを噛み
頬のあかいはだしのこどもは
その入口に稲草の縄を三本つけて
引っぱったりうたったりして遊んでゐる
五柳は萌えて青ぞらに立ち
田を犂く馬は隨処せわしく往返し
山脉が草火のけむりとともに
青く南へながれるならば
雲はしづかにひかってちゞれ
満ちては春も惚惶として
明日の青い嵐に謝する
一本の高い火のはしごがあって
その片っ方の端が折れたので
すきとほって青い赭髪の小さなgoblinが
そこのところでやすんでゐる
やすんでこゝらをながめてゐる
ずうっと遠くの崩れる光のあたりでは
いはゞ前寒武利亜紀のころの
草の実をはむやさしい鳥が
しづかにごろごろ啼いてゐる



(下書稿1推敲前)

九九

陸中の五月

一九二四、五、一六、

これは所謂芬芳五月の
(約六字不明)陸中国は昔ながらの風光である
ならんだ木立と家とはみちに影を置き
それははるかな山の(一字不明)鏤や雪とともに
たびびとのこゝろのなかのそのけしきで
いたゞきに花をならべて植えつけた
ちいさな萱ぶきのうまやでは
黒い馬がもりもりかいばを噛み
頬のあかいはだしのこどもは
その入口に稲草の縄を三本つけて
引っぱったりうたったりして遊んでゐます
年経た並木の松は青ぞらに立ち
田を犂く馬は隨処せわしく往返し
山脉が草火のけむりとともに
青くたよりなくながれるならば
雲はちゞれてぎらぎらひかり
風や水やまたかゞやかに熟した春が
共同所感そのものとして推移しますと
さっきの青ぞらの松の梢の間には
一本の高い火のはしごがあって
その片っ方の端が折れたので
すきとほって青いこの国土のgoblinが
そこのところでやすんでゐます
やすんでこゝらをながめてゐます
ずうっと遠くの崩れる光のあたりでは
前寒武利亜紀のころの
形のない鳥の子孫らが
しづかにごろごろ啼いてゐます
もうほんたうに錯雑で
容易に把握をゆるさない
五月の日本陸中国の(約四字不明)風景です