目次へ  縦書き

九三

〔ふたりおんなじさういふ奇体な扮装で〕

一九二四、一〇、二六、

ふたりおんなじさういふ奇体な扮装で
はげしいかげらふの紐をほぐし
しづかにならんで接骨樹藪をまはってくれば
季節の風にさそはれて
わざわざここの台地の上へ
ステップ地方の鳥のをどり
それををどりに来たのかと
誰でもちょっとかんがへさう
けらがばさばさしてるのに
瓶のかたちのもんぺをはいて
めいめい鍬を二梃づつ
その刃を平らにせなかにあて
荷繩を胸に結ひますと
その柄は二枚の巨きな羽
かれ草もゆれ笹もゆれ
こんがらかった遠くの桑のはたけでは
けむりの青いLentoもながれ
崖の上ではこどもの凧の尾もひかる
そこをゆっくりまはるのは
もうどうしても鳥踊フォーゲルタンツ
大陸からの西風は
雪の長嶺を越えてきて
かげらふの紐をときどき消し
翡翠いろした天頂では
ひばりもじゅうじゅくじゅうじゅく鳴らす
そこをしづしづめぐるのは
どうもまことに鳥踊フォーゲルタンツ
そこらでぴったりとまるのも
やっぱりもって鳥踊り
しばらく顔を見合せながら
赤い手桶をはたけにおろし
天使のやうに向きあって
ビザンチンから近世まで
大へん古いポーズです
おやおや胸の縄をとく!
おひとりうしろへまはって行って
大じな羽をおろしてしまふ
そこからこちらが縄をとく
そちらが羽をおろしてあげる
けらをみがるにぬぎすてゝ
まゝごとみたいに座ってしまひ
髪をなでたり
ぽろっぽろっとおはなしなんどはじめれば
そこらあたりの茎ばっかしのキャベヂから
たゞもういちめんラムネのやうに
ごぼごぼと湧くかげらふばかり
鳥の踊りももうおしまひ

(本文=定稿)



(下書稿4推敲後)

九三

一九二四、一〇、二六、

ふたりおんなじさういふ奇体な扮装で
はげしいかげらふの紐をほぐし、
しづかにならんで接骨樹藪をまはってくれば、
季節の風にさそはれて、
わざわざここの台地の上へ
ステップ地方の巨鷲踊り
それををどりに来たのかと,
誰でもちょっとかんがへさう、
けらがばさばさしてるのに、
瓶のかたちのもっぺをはいて、
めいめい鍬を二梃づつ、
その刃を平らにせなかにあてゝ
荷繩を胸にひますと、
その柄は二枚の巨きな羽、
かれ草もゆれ笹もゆれ、
こんがらかった遠くの桑のはたけでは、
けむりの青いLentoもながれ、
崖の上ではこどもの凧の尾もひかる、
そこをゆっくりまはるのは
もうどうしても鳥踊フォーゲルタンツ
大陸からの西風は西嶺の雪を越えてきて、
かげらふの紐をときどき消し、
翡翠いろした頭の上で、
ひばりもじゅうじゅくじゅうじゅく鳴らす、
そこをしづしづめぐるのは
どうもまことに鳥踊
西では雪がぎらぎらひかり
東は雲ののろしがあがる
そこは大きな三角ばたけ
茎ばっかりのギャベヂから
たゞもういちめんラムネのやうに
ごぼごぼと湧くかげらふです



(下書稿4推敲前)

九三

一九二四、一〇、二六、

お二人しづかにつれだって
さういふ奇体な扮装で
はげしいかげらふの紐をほぐし
しづかにならんで接骨樹藪をまはってくれば
季節の風にさそはれて
わざわざここの台地の上へ
ステップ地方の鳥踊フォーゲルタンツ
それををどりに来たのかと
西洋人なら思ひさう
(農学校の先生が
どてのこっちにおかしな顔で立ってゐて
二人で畑へ出て行くと
何か手帳へかいてた)と
部落へ帰ってみんなへはなす
たしかにそれはぼくもつらい
けれどもぼくにしてみれば
いまごろやめてしまへない
あらゆる非難を敢然うけて
じっとそちらを見てゐます
けらがばさばさしてるのに
瓶のかたちのもっぺをはいて
めいめい鍬を二梃づつ
その刃を平らにせなかにあてゝ
(約九字不明)ぼれば
その柄は二枚の巨きな羽
鳥の(二字不明)のやうですよ
かれ草もゆれ笹もゆれ
こんがらかった遠くの桑のはたけでは
けむりの青いLentoもながれ
崖の上ではこどもの凧の尾もひかる
そこをゆっくりまはるのは
もうどうしても鳥踊フォーゲルタンツ
大陸からの西風は
かげらふの紐をときどき消し
にはとこ藪もしゅうしゅう吹けば
そらのひじゃうな高みでは
ひばりもじゅうじゅく鳴いてゐる
鳥の踊りの選手がた
もいちどそこをおまはりなさい
いけませんねえあなたがた
そこのところへとまっては



(下書稿3推敲後2)

お二人しづかにつれだって
さういふ奇体な扮装で
はげしいかげらふの紐をほぐし
しづかにならんで接骨樹藪をまはってくれば
季節の風にさそはれて
わざわざこゝの台地の上へ、
ステップ地方の鳥踊フォーゲルタンツ
それををどりに来たとしか、
いまのところは見えないしだい、
二人が畑へでて行くと
農学校の先生が
おかしな顔で立ってゐて
何か手帳に書いてたと
部落へ帰ってみんなへはなす
たしかにそれはぼくもつらい
けれどもぼくにしてみれば
いまごろやめてしまへない
あらゆる非難を敢然うけて
云ふことだけは云ひますよ
けらがばさばさしてるのに
瓶のかたちのもっぺをはいて
めいめい鍬を二梃づつ
その刃を平らにせなかにしばり
胸できっしり結べば
その柄はけして柄でなくてぱっと畳んだ羽の骨
断じて二枚の羽の骨
かれ草もゆれ笹もゆれ
こんがらかった遠くの桑のはたけでは
けむりの青いLentoもながれ
崖の上ではこどもの凧の尾もひかる
そこをゆっくりまはるのは
もうどうしても鳥踊りフォーゲルタンツ
大陸からの西風は、
かげらふの紐をときどき消し
にはとこ藪もしゅうしゅう吹けば
そらのひじゃうな高みでは
ひばりもじゅうじゅく鳴いてゐる
鳥の踊りの選手がたもいちどそこをおまはりなさい
なあんだたうたうとまって顔を見合わせて
赤い手桶をはたけにおろし
それからいっしょに向きあって
胸をしばった縄をとき大じの羽もおろしてしまふ
こんどはけらもはたけにしいて、
おはなしなんどしなさると
鳥の踊りももうおしまひ
けれどもこれからあなたがた
をどりによくにてちがったあれを一日やるのでせう



(下書稿3推敲後1)

九三

一九二四、五、八、

黒くいでたつむすめが二人
接骨木藪をまはってくる
……あをあを燃える山の雪……
けらを着 縄で胸をしぼって
ふたりがこっちへあるいてくれば
その蓋のある小さな手桶は
けふははたけへのみ水を入れてきたのだ
……かれ草もゆれ笹もゆれ
  こんがらかった遠くの桑のはたけでは
  けむりの青いLentoもながれ
  崖の上ではこどもの凧の尾もひかる……
ふたりが藪のこっちにとまり、
しばらく顔を見合わせて
赤い手桶をはたけにおろし
向きあったまゝ胸に手あてゝ立ってると
けらがばさばさしているのに
瓶のかたちのモッペをはいて
おまけに鍬を二梃づつ
せなかにしばってゐるものだから
何か奇妙な鳥踊りでもはじめさう
大陸からの季節の風は
きれぎれ枯草や藪を吹き
さあはじめてもいゝといふ
ところがどうして二人の方は
さっさと胸の縄をとき
鍬をはたけへおろしてしまふ
それからけらを地面へしいて
しばらく座って休むのです



(下書稿3推敲前)

=本文

※下書稿2以前の推敲は「〔日脚がぼうとひろがれば〕」を参照