目次へ  縦書き

九三

〔日脚がぼうとひろがれば〕

一九二四、五、八、

日脚がぼうとひろがれば
つめたい西の風も吹き
黒くいでたつむすめが二人
接骨木藪をまはってくる
けらを着 縄で胸をしぼって
睡蓮の花のやうにわらひながら
ふたりがこっちへあるいてくる
その蓋のある小さな手桶は
けふははたけへのみ水を入れて来たのだ
ある日は青い蓴菜を入れ
欠けた朱塗の椀をうかべて
朝がこれより爽かなとき
町へ売りにも来たりする
赤い漆の小さな桶だ
けらがばさばさしているのに
瓶のかたちのモッペをはいて
おまけに鍬を二梃づつ
けらにしばってゐるものだから
何か奇妙な鳥踊りでもはじめさう
大陸からの季節の風は
続けて枯れた草を吹き
にはとこ藪のかげからは
こんどは生徒が四人来る
赤い顔してわらってゐるのはオイノ
一年生の高橋は 北清事変の兵士のやうに
はすに包みをしょってゐる

(本文=下書稿3推敲前)

※下書稿3の推敲以降は「「〔ふたりおんなじさういふ奇体な扮装で〕」 を参照



(下書稿2推敲後)

九三

一九二四、五、八、

日脚がぼうとひろがれば
つめたい西の風も吹き
黒くいでたつ村娘むすめが二人
接骨木藪をまはってくる
けらを着 縄で胸をしぼって
睡蓮の花のやうにわらひながら
ふたりがこっちへあるいてくる
その蓋のある小さな手桶は
けふははたけへのみ水を入れて来たのだ
ある日は青い蓴菜を入れ
欠けた巨きな椀を泛かべて
ある日は紅い菅草や
桔梗の花をいっぱい盛って
朝がこれより爽かなとき
町へ売りにも来たりする
赤い漆の小さな桶だ
けらにしばってゐるものだから
鳥の踊りフオーゲルダンツの舞手とも見える
そんなら風よおまへがステップ地方で歌ったやうに
今日はいちにち、
このひとたちのはたらくそばでふるえてくれ、
今日は一日風よたのしいおまへのことばを
この人たちにさゝやいてくれ



(下書稿2推敲前)

九三

一九二四、五、八、

日射しがぼうと渡ってくれば
つめたい西の風も吹き
接骨木藪のうしろから
二人の農婦ひとがのぼってくる
けらを着 粗い縄をまとって
星座やうにわらひながら
ゆっくりふたりがあるいてくる
その蓋のある小さな手桶は
けふははたけへのみ水を入れて来たのだ
ある日は青い蓴菜を入れ
欠けた朱塗の椀をうかべて
朝がまだ爽かなうちに
町へ売りにも来たりする
めいめい鍬を二梃づつ
けらにしばってゐるものだから
このひとたちは
鳥の踊りフオーゲルダンツの舞手に見える
風よおまへが中央亜細亜で顫えたとほり
もいちどここでふるえることができないか



(下書稿1)

九三

曠原淑女

一九二四、五、八、

日ざしがほのかに降ってくれば
またうらぶれの風も吹く
にはとこやぶのうしろから
二人のおんながおぼって来る
けらを着 粗い縄をまとひ
菅草の花のやうにわらひながら
ゆっくりふたりがすすんでくる
その蓋のついた小さな手桶は
今日ははたけへのみ水を入れて来たのだ
今日でない日は青いつるつるの蓴菜を入れ
欠けた朱塗の椀をうかべて
朝の爽かなうちに町へ売りにも来たりする
鍬を二梃たゞしくけらにしばりつけてゐるので
曠原の淑女たちよ
あなたがたはウクライナの
舞手のやうに見える
  ……風よたのしいおまへのことばを
    もっとはっきり
    この人たちにきこえるやうに云ってくれ……