目次へ  縦書き

八六

山火

一九二四、五、四、

風がきれぎれ遠い列車のどよみを載せて
樹々にさびしく復誦する
   ……その青黒い混淆林のてっぺんで
     鳥が"Zwar"と叫んでゐる……
こんどは風のけじろいれを
蛙があちこちぼそぼそ咽び
舎生が潰れた喇叭を吹く
古びて蒼い黄昏である
   ……こんやも山が焼けてゐる……
野面ははげしいかげらふの波
茫と緑な麦ばたや
しまひは黝い乾田かたたのはてに
濁って青い信号燈シグナル浮標ヴイ
   ……焼けてゐるのは達曾部あたり……
またあたらしい南の風が
はやしの縁で砕ければ
馬をなだめる遥かな最低音バス
つめたくふるふ野薔薇の芬香かほり
   ……山火がにわかに二つになる……
信号燈シグナルは赤くかはつてすきとほり
いちれつ浮ぶ防雪林を
淡い客車の光廓が
音なく北へかけぬける
   ……火は南でも燃えてゐる
     ドルメンまがひの花崗岩みかげを載せた
     千尺ばかりの準平原が
     あっちもこっちも燃えてるらしい
     <古代神楽を伝へたり
      古風に公事をしたりする
      大つぐなひや八木巻へんの
      小さな森林消防隊>……
蛙は遠くでかすかにさやぎ
もいちどねぐらにはばたく鳥と
星のまはりの青いかさ
   ……山火はけぶり 山火はけぶり……
半霄くらい稲光りから
わづかに風が洗はれる

(本文=定稿)



(『日本詩壇』発表形 1933/12/1)

山火

故宮沢賢治

風がきれぎれ、暮れる列車のどよみを載せて
樹々にさびしく復誦する
 …その青黒い混かう林のてつぺんで
  鳥が"Zwar"と叫んでゐる…
こんどは風のけじろいれを
蛙があちこちぼそぼそ咽び
舎生が潰れた喇叭を吹く
蒼く古びた黄昏である
 …こんやも山が焼けてゐる…
野面ははげしいかげろふの波
茫と緑な麦ばたや
しまひは黝いかた田のはてに
濁って青い信号燈シグナル浮標ヴイ
 …焼けてゐるのは猫山あたり…
またあたらしい南の風が
はやしのへりで砕ければ
馬をなだめる遥かな最低音バス
つめたく顫ふ野薔薇の芬香かをり
 …山火がにわかに二つになる…
信号燈シグナルは赤くかはつてすきとほり
いちれつ浮ぶ防雪林を
淡い客車の光廓が
音なく北へかけぬける
 …火は南でも燃えてゐる
  ドルメンのある緩いみかげの高原が
  あつちもこつちも燃えてるらしい
   古代神楽を伝へたり
   古風に公事くじをしたりする
   大つぐない八木巻やぎまき
   小さな森林消防隊…
蛙は遠くでかすかにさやぎ
もいちどねぐらにはばたく鳥と
星のまはりの青いかさ
 …山火はけぶり、山火はけぶり……
せふくらい稲光りから
わづかに風が洗はれる。



(下書稿4推敲後)

八六

山火

一九二四、五、四、

風がきれぎれ暮れる列車のどよみを載せて
樹々にさびしく復誦する
   ……その青黒い混淆林のてっぺんで
     鳥が"Zwar"と叫んでゐる……
こんどは風のけじろいれを
蛙があちこちぼそぼそ咽び
舎生が潰れた喇叭を吹く
古びて蒼い黄昏である
   ……こんやも山が焼けてゐる……
野面ははげしいかげらふの波
茫と緑な麦ばたや
しまひは黝い乾田かたたのはてに
濁って青い信号燈シグナル浮標ヴイ
   ……焼けてゐるのは猫山あたり……
またあたらしい南の風が
はやしの縁で砕ければ
馬をなだめる遥かな最低音バス
つめたくふるふ野薔薇の芬気かほり
   ……山火がにわかに二つになる……
信号燈シグナルは赤くかはってすきとほり
いちれつ浮ぶ防雪林と
淡い客車の光廓が
音なく北へかけぬける
   ……火は南でも燃えてゐる
     ドルメンのある緩いみかげの高原が
     あっちもこっちも燃えてるらしい
   ……古代神楽を伝へたり
     古風に公事をしたりする
     大償や八木巻の
     小さな森林消防隊……
蛙は遠くでかすかにさやぎ
もいちどねぐらにはゞたく鳥と
星のまはりの青いかさ
  ……山火はけぶり 山火はけぶり……
半天くらい稲光りから
わづかに風が洗はれる



(下書稿4推敲前)

八六

山火

一九二四、五、四、

風がきれぎれ汽車のどよみ吹いて来て
樹々にさびしく復誦する
   ……その青黝い混淆林のてっぺんで
     鳥が"Zwar"と叫んでゐる……
こんどは風のけじろいれを
蛙があちこちぼそぼそすだき
舎生が潰れた喇叭を吹く
蒼く古びた黄昏である
   ……こんやも山が焼けてゐる……
野原ははげしいかげらふの波
茫と緑な麦ばたや
しまひは黝い田圃のはてに
いちれつ顫える駅の灯と
濁って青い信号燈シグナル浮標ヴイ
   ……焼けてゐるのは猫山あたり……
またあたらしい南の風が
はやしの縁で砕ければ
馬をなだめる遥かな最低音バス
青くこぼれる野薔薇の芬香かほり
   ……山火がにわかに二つになる……
信号燈シグナルは赤くかはって徹き透り
ともって映えた七時の汽車は
音なく北へかけぬける
   ……火は南でも燃えてゐる
     ドルメンのある緩い花崗岩みかげの高原が
     どこもかしこも燃えてるらしい
かへるは遠くでしづかにさやぎ
何かにはかにはゞたく鳥と
星のまはりの青いかさ
  ……古代神楽を伝へたり
    古風に公事をしたりする
    大償や八木巻の
    小さな森林消防隊
半天くらい稲光りから
わづかに風が洗はれる
  ……山火はけぶる 山火はけぶる……



(下書稿3推敲後)

八六

山火

一九二四、五、四、

風がきれぎれ汽車のどよみを吹いて来て
樹々にさびしく復誦する
   ……その青黝い混こう林のてっぺんで
     鳥が"Zwar"と叫んでゐる……
こんどは風のけじろいのれを
かへるがあちこちぼそぼそすだき
舎生が潰れたラッパを吹く
蒼く古びた黄昏である
   ……こんやも山が焼けてゐる……
ぼうと緑な麦ばたや
しまひは黒い田圃のはてに
いちれつ顫える駅の灯と
濁って青い信号燈シグナルの浮標
   ……焼けてゐるのは猫山あたり……
またあたらしい南の風が
はやしの縁でくだければ
馬をなだめる遥かな最低音バス
青くこぼれる野薔薇の香芬かほり
   ……山火がにはかに二つになる……
     古代神楽を伝へたり
     古風に公事をしたりする
     大償や八木巻の
     小さな森林消防隊
シグナルは赤くかはってすきとほり
あかるく映えた七時の汽車は、
音なく北へかけぬける
かへるは遠くでしづかにすだき
あはたゞしくもはゞたく鳥と
星のまはりの青い暈
半天くらい稲光りから
わづかに風が洗はれる
  ……山火はけぶる 山火はけぶる……



(下書稿3推敲前)

八六

一九二四、五、四、

風がきれぎれ汽車のひびきをもって来て
はやしのなかでさびしくそれを現像する
  ……そのまっ黒な混かう林のてっぺんで
    鷺がするどく叫んでゐる……
こんどは風のすこしのれを
かへるがあちこちぼそぼそすだき
舎生が潰れたラッパを吹く
蒼く古びた黄昏である
   ……こんやも山が焼けてゐる……
野原ははげしいかげらふの波、
麦のはたけもぐらぐらゆれ、
しまひは田圃のけむりのはてに
いちれつ顫える停車場の灯と
濁って青い信号燈シグナルの浮標
   ……焼けてゐるのは達曾部あたり……
またあたらしい南の風が
はやしの縁でくだければ
なかから野ばらのかほりもながれ
羊歯やこならもざわざわ鳴る
   ……山火がにはかに二つになる……
シグナルは赤くかはってすきとほり
七時の汽車の、オレンヂいろの骨骼が、防雪林を浮き出して
音なく北へかけぬける
  ……山火はけぶり 山火はけぶり……
かへるはあちこちしづかにすだき
星のまはりの青い暈
  ……また学校の二階の窓の夕あかり……
こんどはくらい稲光りから
わづかに風が洗はれる



(下書稿2推敲後)

八六

一九二四、五、四、

風が南の汽車のひびきを吹いて来て
はやしの縁でさびしくそれを現像する
  ……そのまっ黒な混かう林のてっぺんで
    鷺がするどく叫んでゐる……
こんどは風のすこしのれを
かへるがあちこちぼそぼそすだき
舎生が潰れたラッパを吹く
蒼く古びた黄昏である
   ……こんやも山が焼けてゐる……
野原ははげしいかげらふの波
ぼんやりくろい耕地のはてに
いちれつゆれる停車場の灯と
濁って青い信号燈シグナルの浮標〔ブイ〕
   ……焼けてゐるのは達曾部あたり……
またあたらしい南の風が
そのエンタシス彎みを越えて、巨きなケールのやうに
そこらいっぱいひろがれば
なかから野ばらのかほりもながれ樹がまっくろにざわざわ鳴る
   ……山火がにはかに二つになる……
シグナルは赤く変ってすきとほり
七時の汽車の骨格は
音なく北へかけぬける
  ……山火はけぶり 山火はけぶり……
かへるはあちこちしづかにすだき
星のまはりの青い暈
こんどはくらい稲光りから
わづかに風が洗はれる
  ……宿直へ帰って行かう



(下書稿2推敲前)

八六

郊外

一九二四、五、四、

風が七時の汽車のひびきを吹いて来て
はやしの縁で巨きな硝子ガラスの壁になる
  ……半成のローマネスクの内側で
    鷺がするどく叫んでゐる……
こんどは風のすこしのれを
かへるがにはかにぼそぼそすだく
蒼く古びた薄明穹の末端である
   ……こんやも山が焼けてゐる……
野原ははげしいかげらふの波
ぼんやりくらい麦波に
いちれつゆれる停車場の灯と
濁って赤い信号燈シグナル浮標ブイ
   ……焼けてゐるのは達曾部あたり……
あたらしいエンタシスある南の風が
彎みを越えて砕ければ
そこからほのかな野ばらのかほりもながれてくる
   ……山火がにはかに二つになる……
シグナルは青く変ってすきとほり
明るく映えた急行列車の骨格が
防雪林を音なく北へかけぬける
  ……山火はけぶり 山火はけぶり……
かへるはあちこちしづかにすだき
星のまはりの青い暈
こんどはくらい稲光りから
わづかに風が洗はれる



(下書稿1推敲後)

八六

郊外

一九二四、五、四、

風が七時の汽車のひびきを吹いて来て
はやしのへりで巨きな硝子ガラスの壁になる
  ……半成のローマネスクの内側で
    鷺がするどく叫んでゐる……
こんどは風のすこしの外れを
かへるはにはかにぼそぼそすだく
   ……こんやも山が焼けてゐる……
蒼く古びた薄明穹の下である
野原ははげしいかげらふのなみ
いちれつゆれる停車場の灯と
濁って青い信号燈シグナル浮標ブイ
   ……焼けてゐるのは達曾部あたり……
あたらしい南の風が
彎みを越えて砕ければ
そこからほのかな野ばらのかほりもながれてくる
   ……山火がにはかに二つになる……
シグナルは赤く変ってすきとほり
急行列車の骨格が
防雪林を音なく北へかけぬける
  ……山火はけぶり 山火はけぶり……
かへるはあちこちしづかにすだき
星のまはりの青い雰囲気
こんどは暗い一つの風が
にはかな北のいなびかりから
わづかに白く洗はれる



(下書稿1推敲前)

八六

郊外

一九二四、五、四、

風が七時の汽車のひびきを吹いて来て
はやしのなかで巨きな硝子ガラスの壁になる
  ……半成のローマネスクのまんなかで
    焦げた明りがぼんやりと降る……
こんどは風のすこしの外れを
かへるはにはかにぼそぼそすだく
蒼く古風な薄明穹の末頃である
   ……どこかの梢で鷺がするどく鳴いてゐる……
くらがりに からまつは伸び
向ふはひばが月夜のやうにけむりだす
   ……こんやも山が焼けてゐる……
東ははげしいかげらふの紐
いちれつゆれる停車場の灯と
濁って赤い信号燈シグナルの浮標〔ブイ〕
   ……焼けてゐるのは達曾部あたり……
あたらしいギリシャ模様の南の風が
彎みを越えて砕ければ
そこからほのかな野ばらのかほりもながれてくる
   ……こんどは山火が二つになる……
シグナルの灯が青く変ってすきとほり
明るく映えた急行列車の骨格が
風の向ふを音なく北へかけぬける
  ……山火はけぶり 山火はけぶり……
かへるはあちこちしづかにすだき
星のまはりの青い雰囲気
  ……北上山地四月の恒例の山火です……
おゝいなびかり!
わづかに風が洗はれる