目次へ  縦書き

七五

北上山地の春

一九二四、四、二〇、

    (1)

雪沓とジュートの脚絆
白樺は焔をあげて
熱く酸っぱい樹液を噴けば
こどもはとんびの歌をうたって
狸の毛皮を収穫する
打製石斧のかたちした
柱の列は煤でひかり
高くけはしい屋根裏には
いま朝餐の青いけむりがいっぱいで
大伽藍カセードラルのドーム(穹隆)のやうに
一本の光の棒が射してゐる
そのなまめいた光象の底
つめたい春のうまやでは
かれ草や雪の反照
明るい丘の風を恋ひ
馬が蹄をごとごと鳴らす

    (2)

浅黄と紺の羅紗を着て
やなぎは蜜の花を噴き
鳥はながれる丘丘を
馬はあやしく急いでゐる
 息熱いアングロアラヴ
 光って華奢なサラーブレッド
風の透明な楔形文字は
ごつごつ暗いくるみの枝に来て鳴らし
またいぬがやや笹をゆすれば
 ふさふさ白い尾をひらめかす重輓馬
 あるひは巨きなとかげのやうに
 日を航海するハックニー
馬はつぎつぎあらはれて
泥炭岩の稜を噛む
おぼろな雪融の流れをのぼり
孔雀の石のそらの下
にぎやかな光の市場
種馬検査所へつれられて行く

    (3)

かぐはしい南の風は
かげらふと青い雲滃を載せて
なだらのくさをすべって行けば
かたくりの花もその葉の班も燃える
黒い厩肥の籠をになって
黄や橙のかつぎによそひ
いちれつみんなはのぼってくる

みんなはかぐはしい丘のいたゞき近く
黄金のゴールを梢につけた
大きな栗の陰影に来て
その消え残りの銀の雪から
燃える頬やうなじをひやす

しかもわたくしは
このかゞやかな石竹いろの時候を
第何ばん目の辛酸の春に数へたらいゝか

(本文=下書稿3推敲後)



(下書稿3推敲前)

七五

北上山地の春

一九二四、四、二〇、

雪沓とジュートの脚絆
逞しい白樺の薪が
二本なかばかすんだ火で
大きな蕎麦の団子をやけば
こどもは首をうるうる振って
狸の毛皮を収穫する
打製石斧のかたちした
柱の列は煤でひかり
高くけはしい屋根裏には
青いけむりがいっぱいで
カセードラルのドーム(穹隆)のやうに
いま一本の光が射してゐる
土間をへだてた厩には
つめたくあまずっぱいまぐさのうほり
馬の瞳はつぶらにうるみ
かれ草や雪の反照
やなぎは蜜の花を噴き
鳥はながれるおもての丘を
なつかしさうにながめてゐる


かぐはしい南の風が
かげらふと青い雲滃を載せて
しづかに丘をすべってくれば
かたくりの花もその葉の班も燃えて
女たちは黄や橙のかつぎによそひ
黒い厩肥の籠をになって
山のはたけにいちれつのぼる



みんなは丘のいたゞき近く
黄金のゴールを梢につけた
大きな栗の陰影に来て
その消え残りの銀の雪から
燃える頬やうなじをひやす



(下書稿2)

白樺や楢の群落
笹といぬがやのかゞやく中を
おぼろな雪融の流れを遡り
灰いろをした泥灰岩の稜を噛む
トロッターやアングロアラヴ
またまっしろな重輓馬まで
にぎやかな光の市場
その上流の種馬検査所につれて行く

みんなは丘のいたゞき近く
黄金のゴールを梢につけた
大きな栗の陰影に来て
その消え残りの銀の雪から
燃える頬やうなじをひやす

裸木の蒼い条影かげ
いそがしい四十雀のむれや
水ばせうの青じろい花
ぬるんだ湯気の泥の上には
ひきがへるがつるんだまゝで這ひ
そのせなかには虹ももくもく湧いてゐる
風は青ぞらでなり
自然にカンデラーブルになった白樺もある



(下書稿1推敲後)

七五

北上山地の春

一九二四、四、二〇、

      一、

      二、

風の透明な楔形文字が
暗いくるみの枝に来て鳴らし
またいろいろの鳥も来て軋ってゐますと
わかものたちは華奢に息熱い純血種サラーブレッド
トロッターやアングロアラヴ
またまっ白な重輓馬に
水いろや紺の羅紗を着せて
やなぎは蜜の花を噴き
笹やいぬがやのかゞやく中を
おぼろな雪融の流れを遡り
にぎやかな光の市場
その上流の種馬検査所に連れて行く

      四、

いそがしい四十雀のむれや
また裸木の条影置くなかに
水ばせうの青じろい花
湯気立つ水のたまりには
ひきがへるの卵の紐もぬるみ
向ふは古いスコットランド風の
円い塔ある事務所と厩舎
四角に積まれた厩肥の上で
ホークも白くひらめけば
風は青ぞらでなり
自然にカンデラーブルになった白樺もあって
その梢で二人のこどもが山刀を鳴らして
巨きな枝を落さうとする
こどもらは黄の芝原に円陣をつくり
まっ青な太陽のなかに三本足の烏を見れば
何か毛糸で編みながら
ステップ住民の春のまなざしをして
赤いかつぎの少女も座る



(下書稿1推敲前)

七五

浮世絵

一九二四、四、二〇、

      一、

かれ草もかげらふもぐらぐらに燃え
雲滃がつぎつぎ青く稜を織るなかを
女たちは黄や橙のかつぎによそひ
しめって黒い厩肥をになって
たのしくめぐるくいちれつ丘をのぼります

かたくりの花もその葉の班もゆらゆら
いま女たちは黄金のゴールを梢につけた
年経た栗のそのコバルトの陰影にあつまり
消え残りの錫木春信の銀の雪から
燃える頬やうなじをひやしてゐます

      二、

風の透明な楔形文字は
暗く巨きなくるみの枝に来て鳴らし
また鳥も来て軋ってゐますと
わかものたちは華奢に息熱い純血種サラーブレッド
水いろや紺の羅紗を着せて
やなぎは蜜の花を噴き
笹やいぬがやのかゞやく中を
泥灰岩の稜を噛むおぼろな雪融の流れを遡り
にぎやかな光の市場
その上流の種馬検査所に連れて行きます

      三、

いそがしい四十雀のむれや
また裸木の蒼い条影
水ばせうの青じろい花
ぬるんだ湯気の泥の上には
ひきがへるがつるんだまゝで這ひ
風は青ぞらでなり
自然にカンデラーブルになった白樺があって
その梢には二人のこどもが山刀を鳴らして
巨きな枝を切らうとします
小さなこどもらは黄の芝原に円陣をつくり
日のなかに烏を見やうとすれば
ステップ住民の春のまなざしをして
赤いかつぎの少女も枯草に座ってゐます