目次へ  縦書き

七四

〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕

一九二四、四、二〇、

東の雲ははやくも蜜のいろに燃え
丘はかれ草もまだらの雪も
あえかにうかびはじめまして
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします
ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲のなかやあるひはけぶる青ぞらを
しづかにわたってゐらせられ
また四更ともおぼしいころは
やゝにみだれた中ぞらの
二つの雲の炭素棒のあひだに
古びた黄金の弧光のやうに
ふしぎな座を示されました
まことにあなたを仰ぐひとりひとりに
全くことなったかんがへをあたへ
まことにあなたのまどかな御座は
つめたい火口の数を示し
あなたの御座の運行は
公式にしたがってたがはぬを知って
しかもあなたが一つのかんばしい意志であり
われらに答へまたはたらきかける、
巨きなあやしい生物であること
そのことはいまわたくしの胸を
あやしくあらたに湧きたゝせます
あゝあかつき近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あらたにあなたがお吐きになる
エステルの香は雲にみちます
おゝ天子
あなたはいまにはかにくらくなられます

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

七四

一九二四、四、二〇、

お月さま
東の雲ははやくも蜜のいろに燃え
丘はかれ草もまだらの雪も
すっかり明るくなりましたが
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします
ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲やあるひはけぶる青ぞらを
しづかにわたってゐらせられ
また黎明のはじまりには
二つの雲の炭素棒のあひだに
黄いろの古風な弧光のやうに
熟しておかゝりあそばした
むかしの普香天子さま
あなたの近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あなたがそらにお吐きになる
エステルの香は雲にみちます
おつきさま
あなたはいまにはかにくらくなられます



(下書稿1推敲後)

七四

普香天子(infantism)

一九二四、四、二〇、

お月さま
東の雲ははやくもいま蜂蜜のいろに燃え
丘はかれ草もまだらの雪も
すっかり明るくなりましたが
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします

ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲のなかやあるひわずかにかすむ青ぞらを
しづかにわたってゐらせられ
また黎明のはじめには
二つの雲の炭素棒のあひだに
黄いろの古風な弧光のやうに
熟しておかかりあそばした
むかしの普香天子さま

あなたの近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あなたがそらにお吐きになる
エステルの香は雲にみちます

おつきさま
あなたはいまにはかにくらくなられます



(下書稿1推敲前)

七四

普香天子

一九二四、四、二〇、

お月さま
東の雲はもう石竹のいろに燃え
丘はかれ草も銀の雪も
すっかり明るくなりましたが
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします
ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲のなかやあるひわずかにかすむ青ぞらに
しづかにかかってゐらせられ
また黎明のはじまりには
二つの雲の炭素棒のあひだに
黄いろの古風な弧光のやうに
熟しておかかりあそばした
むかしの普香天子さま
あなたの近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あなたがそらにお吐きになる
エステルの香は雲にみちます
おつきさま
あなたはいまにはかにくらくなられます