目次へ  縦書き

七三

有明

一九二四、四、二〇、

あけがたになり
風のモナドがひしめき
東もけむりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり
その香気もまたよく凍らされて
はなやかに錫いろのそらにかゝれば
白い横雲の上には
ほろびた古い山彙の像が
ねづみいろしてねむたくうかび
ふたたび老いた北上川は
それみづからの青くかすんだ野原のなかで
支流を納めてわづかにひかり
そこにゆふべの盛岡が
アークライトの点綴や
また町なみの氷燈の列
ふく郁としてねむってゐる
滅びる最后の極楽鳥が
尾羽をひろげて息づくやうに
かうかうとしてねむってゐる
それこそここらの林や森や
野原の草をつぎつぎに食べ
代りに砂糖や米綿を出した
やさしい化性の鳥ではあるが
   しかも変らぬ一つの愛を
   わたしはそこに誓はうとする
やぶうぐいすがしきりに鳴き
のこりの雪があえかにひかる

(本文=下書稿3推敲前)



※この下書き稿に対する推敲は不完全のまま終っているため、第一 形態を本文とする

(下書稿2推敲後)

七三

有明

一九二四、四、二〇、

あけがたになり
風のモナドがひしめき
東もけむりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり
その香気もまたよく凍らされて
はなやかに錫いろのそらにかゝれば
白い横雲の上には
ほろびた古い山彙の像が
ねづみいろしてあやしくうかび
ふたたび老いた北上川は
それみづからの青くかすんだ野原の上で
二たび三たびわづかにひかる
そこに大きな盛岡が
アークライトの点綴や
また町なみの氷燈の列
この早春のあけがたを
こゝろせわしく横たはる
森と家とのモザイクを載せて
ふく郁としてねむってゐる
滅びる最后の極楽鳥が
尾羽をひろげてもだえるやうに
耿々としてねむってゐる
(あゝしかもわたくしは
 あなたを愛します)
残りの雪も(以下不明)



(下書稿2推敲前)

七三

有明

一九二四、四、二〇、

あけがたになり
風のモナドがひしめき
東もけむりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり
その香気もまたよく凍らされて
はなやかに錫いろのそらにかゝれば
白い横雲の上には
ほろびた古い山彙の像が
ねづみいろしてあやしくうかび
青くかすんだ野原には
アークライトのまたたきや
またまちなみの氷燈の列
そこには商工立国者
有吉知事も横たはり
大臣級の古学士
蔦校長もねむってゐる
   ……滅する最后の爬虫の種族……
やぶうぐひすがしきりになき
残りの雪があえかにひかる



(下書稿1推敲後)

七三

有明

一九二四、四、二〇、

あけがたになり、
風のモナドがひしめき
木立もけぶりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり、
その香気もまたよく凍らされて、
はなやかに錫いろのそらにかかれば
白い横雲の上には
第三紀の末にほろびた
巨きなシュワリック山彙の像が
ねづみいろしてねむたくうかび
ゆふべから五里もはなれて来た盛岡の町は
ひどく巨きく拡大されて
まちなみの灯やアーク燈
みなあはあはとまたゝいてゐる
ゆふべからもう五里もあるいてゐるのに
街はあんまり足もとで
それにあんまり大きいやうだ
あゝかんばしく息づいて
この早春のあけがたをしづかにあすこでねむるひと
   ……滅びる古い爬虫のねがひ……
こゝでは朝の寒さのなかで
やぶうぐひすがしきりに啼き
残りの雪があえかにひかる



(下書稿1推敲前)

七三

有明

一九二四、四、二〇、

あけがたになり、
風のモナドがひしめき
低原のはらもけむりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり、
その香気もまたよく凍らされて、
はなやかに錫いろのそらにかかる
白い横雲の上には
第三紀からの
巨大なシュワリック山彙もうかぶ
   ……凝灰岩のねむさとやはらかさ
     滅びる(約四字不明)古い爬虫のねがひ……
うぐいすはしきりになき
ぼんやり青い地面の中で
盛岡の灯があはくまたたく
  そらがしろくなりかけてから
  じつに何びきもの
  山鳥のプロペラアが走った