目次へ  縦書き

六九

〔どろの木の下から〕

一九二四、四、一九

どろの木の下から
いきなり水をけたてゝ
月光のなかへはねあがったので
狐かと思ったら
例の原始の水きねだった
横に小さな小屋もある
粟か何かを搗くのだらう
水はたうたうと落ち
ぼそぼそ青い火を噴いて
きねはだんだん下りてゐる
水を落としてまたはねあがる
きねといふより一つの舟だ
舟といふより一つのさじだ
ぼろぼろ青くまたやってゐる
どこかで鈴が鳴ってゐる
丘も峠もひっそりとして
そこらの草は
ねむさもやはらかさもすっかり鳥のこゝろもち
ひるなら羊歯のやはらかな芽や
桜草プリムラも咲いてゐたらう
みちの左の栗の林で囲まれた
蒼鉛いろの影の中に
鍵なりをした巨きな家が一軒黒く建ってゐる
鈴は睡った馬の胸に吊され
呼吸につれてふるえるのだ
きっと馬は足を折って
蓐草の上にかんばしく睡ってゐる
わたくしもまたねむりたい
どこかで鈴とおんなじに啼く鳥がある
たとへばそれは青くおぼろな保護色だ
向ふの丘の影の方でも啼いてゐる
それらかいくつもの月夜の峯を越えた遠くでは
風のやうに峡流も鳴る

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

六九

一九二四、四、一九

ひっそりとした丘のあひ
月のあかりのいまごろを
巨きなドロの木のしたで
いきなりはねあがるのは
原始の素朴な水きねである
ぼろぼろぼろぼろ青火を噴いて
きねはだんだん下りてゐる
またはねあがる
きねといふより一つの舟だ
舟といふより一つのさじだ

さわしぎももう睡ったのに
そこらで鈴が鳴ってゐる
そこには一軒鍵なりをした家があって
鈴は睡った馬の胸に吊され
呼吸につれてふるえるのだ
きっと馬は足を折って
蓐草の上にかんばしく睡ってゐる
どこかで鈴とおんなじに啼く鳥がある
たとへばそれは青くおぼろな保護色だ
向ふの丘の影の方でも啼いてゐる
それらかいくつもの月夜の峯を越えた遠くでは
風のやうに峡流も鳴ってゐる



(下書稿1推敲後)

六九

路傍

一九二四、四、一九

四本のくらいからまつの梢に
かがやかに春の月がかかり
やなぎのはなや雲さびが
しずかにそこをわたってゆく
  ……赤く塗られた、鳥の卵と
    その影と……
さはしぎももう消えたのに
庭では鈴がちりちり鳴ってゐる
  ……この枯れ草の芝生なら
    暗さもやはらかさも
    すっかり鳥のこころもちだ……
鈴がかすかにまたひびくのは
ねむってゐる馬の胸に吊るされ
呼吸につれてふるえるのだ
きっと馬は足を折って
蓐草の上にかんばしくねむってゐる
  ……誰かが馬盗人とまちがへられて
    腕に金貨を射込まれた……
どこかで鈴とおんなじに啼く鳥がある
たとへばそれは青くおぼろな保護色だ
むかふの丘の陰影のなかでもないてゐる
それらかいくつもの月夜の峯を越えた遠くでは
風のやうに峡流も鳴ってゐる



(下書稿1推敲前)

六九

路傍

一九二四、四、一九

四本のくらいからまつの梢に
かがやかに春の月がかかり
やなぎのはなや雲さびが
しずかにそこをわたってゆく
  ……赤く塗られた鳥の卵と
    その影と……
さはしぎももうひっこんだのに
庭では鈴がかすかに鳴ってゐる
  ……この枯れ芝生なら
    暗さややはらかさや
    すっかり鳥のこころもちだ……
鈴がかすかにまたひびくのは
ねむってゐる馬の胸に吊るされ
呼吸につれてふるえるのか
きっと馬は足を折って
蓐草の上にかんばしくねむってゐる
わたくしもまたねむりたい
  ……誰かが馬盗人とまちがへられて
    腕にピストルを射込まれた……
どこかで鈴とおんなじに啼く鳥がある
たとへばそれは青くおぼろな保護色だ
むかふの丘の陰影のなかでもないてゐる
それらかいくつもの月夜の峯を越えた遠くでは
風のやうに峡流も鳴ってゐる