目次へ  縦書き

五一五

朝餐

一九二五、四、五、

苔に座ってたべてると
麦粉と塩でこしらえた
このまっ白な鋳物の盤の
何と立派でおいしいことよ
裏にはみんな曲った松を浮き出して、
表は点の括り字で「大」といふ字を鋳出してある
この大の字はこのせんべいが大きいといふ広告なのか
あの人の名を大蔵とでも云ふのだらうか
さうでなければどこかで買った古型だらう
たしかびっこをひいてゐた
発破で足をけがしたために
生れた村の入口で
せんべいなどを焼いてくらすといふこともある
白銅一つごくていねいに受けとって
がさがさこれを数へてゐたら
赤髪のこどもがそばから一枚くれといふ
人は腹ではくつくつわらひ
顔はしかめてやぶけたやつを見附けてやった
林は西のつめたい風の朝
頭の上にも曲った松がにょきにょき立って
白い小麦のこのパンケーキのおいしさよ
競馬の馬がほうれん草を食ふやうに
アメリカ人がアスパラガスを喰ふやうに
すきとほった風といっしょにむさぼりたべる
こんなのをこそspeisenとし云ふべきだ
   ……雲はまばゆく奔騰し
     野原の遠くで雷が鳴る……
林のバルサムの匂を呑み
あたらしいあさひの蜜にすかして
わたくしはこの終りの白い大の字を食ふ

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

五一五

朝餐

一九二五、四、五、

麦粉と塩でこしらえた
このまっ白な鋳物の盤の
何と立派でおいしいことよ
裏にはみんな曲った松を浮き出してある
大といふのはどういふわけだ
あの人の名を大蔵とでも云ふのだらうか
たしかびっこをひいてゐた
あんな部落の入口で
こいつを焼いてくらすのだらう
白銅一つごくていねいに受けとって
がさがさこれを数へてゐたら
赤髪のこどもがそばから一枚くれといふ
人は腹ではくつくつわらひ
顔はしかめてやぶけたやつを見附けてやった
林は西のつめたい風の朝
白い小麦のこのパンケーキのおいしさよ
競馬の馬がほうれん草を食ふやうに
アメリカ人がアスパラガスを喰ふやうに
すきとほった風といっしょにむさぼりたべる
こんなのをこそspeisenとし云ふべきだ
   ……雲はまばゆく奔騰し
     野原の遠くで雷が鳴る……
林のバルサムの匂を呑み
あたらしいあさひの蜜を塗って
わたくしはこの終りの白い大の字を食ふ



(下書稿1推敲後)

五一五

人が林で小麦の盤をたべてゐる

一九二五、四、五、

小麦粉とわづかの食塩からつくられた
白い鋳物のこの円盤のうまいことよ
どれにもみんな大といふ字が浮いてゐる
大といふのはどういふわけだ
あの百姓が大蔵とでも云ふのだらうか
発破か何かで足をけがして
こんな仕事をしてゐるらしい
びっこをひいて白銅一つごく叮ねいに受けとって
がさがさこれを数へてゐたら
赤髪のこどもがそばから一枚くれといふ
あの百姓は顔はしかめて
やぶけたやつを見つけてやって
腹ではくつくつわらってゐた
林は西のつめたい風の朝
小麦のこのパンケーキのおいしさよ
わたくしは馬がほうれんさうを喰ふやうに
アメリカ人がアスパラガスを喰ふやうに
すきとほった空気といっしょにむさぼりたべる
こんなのをこそspeisenとし云ふべきだ
   ……雲はまばゆく奔騰し
     野原の遠くで雷が鳴る……
林のバルサムの匂を呑み
あたらしいあさひの蜜を塗って
わたくしはこの終りの白い一枚を食ふ



(下書稿1推敲前)

五一五

一九二五、四、五、

小麦粉とわづかの食塩からつくられた
イーハトヴ県のこの白く素樸なパンケーキのうまいことよ
はたけのひまな日あの百姓がじぶんでいちいち焼いたのだ
  顔をしかめて炉ばたでこれを焼いてると
  赤のこどもがそばからいちまいくれといふ
  あの百姓は顔はしかめてやぶけたやつを出してやる
  そして腹ではわらってゐる
林は西のつめたい風の朝
味ない小麦のこのパンケーキのおいしさよ
わたくしは馬が草を喰ふやうに
アメリカ人がアスパラガスを喰ふやうに
すきとほった空気といっしょにむさぼりたべる
こんなのをこそspeisenとし云ふべきだ
   ……雲はまばゆく奔騰し
     野原の遠くで雷が鳴る……
林のバルサムの匂を加へ
あたらしい晨光の蜜を塗って
わたくしはまたこの白い小麦の菓子をたべる



(「虚無思想研究」発表形 1926年2月1日)

心象スケッチ朝餐

宮澤賢治

 小麦粉とわづかの食塩とからつくられた
イーハトヴ県のこの白く素朴なパンケーキのうまいことよ
はたけのひまな日あの百姓がじぶんでいちいち焼いたのだ
  顔をしかめて炉ばたでこれを焼いてると
  赤髪のこどもがそばからいちまいくれといふ
  あの百姓は顔をしかめてやぶけたやつを出してやる
  そして腹では笑つてゐる
林は西のつめたい風の朝
味ない小麦のこのパンケーキのおいしさよ
わたくしは馬が草を食ふやうに
アメリカ人がアスパラガスを喰ふやうに
すきとほつた空気といつしよにむさぼりたべる
こんなのをこそSpeisenとし云ふべきだ
  ……雲はまばゆく奔騰し
    野原の遠くで雷が鳴る……
林のバルサムの匂ひを加へ
あたらしい晨光の蜜を塗つて
わたくしはまたこの白い小麦の菓子をたべる。