目次へ  縦書き

五〇八

発電所

一九二五、四、二、

鈍った雪をあちこち載せる
鉄やギャプロの峯の脚
二十日の月の錫のあかりを
わづかに赤い落水管と
ガラスづくりの発電室と
  ……また餘水吐の青じろい滝……
くろい蝸牛スネール水車タービン
早くも春の雷気を鳴らし
鞘翅ダイナモ発電機コレオプテラをもって
愴たる夜中のねむけをふるはせ
むら気な十の電圧計や
もっと多情な電流計で
鉛直フズリナ配電盤に
交通地図の模型をつくり
大トランスの六つから
三万ボルトのけいれんを
塔の初号に連結すれば
幾列の清冽な電燈は
青じろい風や川をわたり
まっ黒な工場の夜の屋根から
赤い傘、火花の雲を噴きあげる

(本文=下書稿3推敲後)



(下書稿3推敲前)

五〇八

発電所技師Y氏に寄す

一九二五、四、二、

     一、発電所

鈍った雪をあちこち載せる
鉄やギャプロの峯の脚
二十日の月の錫のあかりに
暗んで赤い落水管と
ガラスづくりの発電室と
  ……また餘水吐の青じろい滝……
ひのきを雲のその蛍光にたゞしくならべ
柏の影をみちに落して花候のやうにあやしくし
三万ボルトの鯨の蛹……
大トランスのけいれんを
塔の初号に連結すれば
幾列の清冽な電燈は
華奢な盗賊紳士風した風のなか

     二、技師Y氏

くろい蝸牛スネール水車タービン
早くも春の雷気を鳴らし
鞘翅ダイナモ発電機コレオプテラから
青い夜中のねむけをふるはせ
さてはフズリナ配電盤で
交通地図の模型をつくり
むら気な十の電圧計や
もっと多情な電流計を
ぼかぼか監視してゐると
そのうちだんだんそこらが温くなりだして
交通地図のあちこちに
小さな川や町ができ
おもちゃの汽車もかけ出せば
まもなく技師の耳もとで
やさしい声が聞え出す
おゝ恋人の全身は
玲瓏としたガラスでできて
細いつらゝを靴にはき
春の薄氷をジャケツに着れば
胸にはひかるボタシュバルヴの心臓が
かうかうとしてうごいてゐる
やっぱりあなたは心臓を
三つももってゐたんですねと
技師がかなしくかこって云へば
令嬢フロイラインの全身は、いさゝかピサの斜塔のかたち
人は あをあを卒倒して
コンクリートのつめたい床に
落花微塵に砕けてしまふ
愕然として技師がまなこをひらいて見れば
床に落した油の壺を
一人の工手がひろってゐる
にがわらひしておもてを見れば
川の向ふのカーバイト工場
まっ黒な夜の屋根から
赤い傘、火花の雲がたってゐて
技師はさびしくまさしく二時の時計を仰ぐ



(下書稿2推敲後)

五〇八

発電所技師Y氏に寄す

一九二五、四、二、

     一、

鈍った雪をあちこち載せる
鉄やギャプロの峯の脚
二十日の月の錫のあかりに
暗んで赤い落水管と
ガラスづくりの発電室と
  ……また餘水吐の青じろい滝……
ひのきを雲のその反照にたゞしくならべ
柏の影をみちに落して花候のやうにあやしくし
三万ボルトの鯨の蛹
大トランスのけいれんを
塔の初号に連結すれば
幾列の清冽な電燈は
華奢な盗賊紳士風した風のなかです

     二、

発電室は風のなか
くろい蝸牛スネール水車タービン
早くも春の雷気を鳴らし
鞘翅ダイナモ発電機コレオプテラから
青い夜中のねむけをふるはせ
さてはフズリナ配電盤で
交通模型をつくり
むら気な十の電圧計や
もっとむら気な電流計を
ぼかぼか監視してますと
そのうちだんだんそこらが温くなりだして
交通地図のあちこちに
模型の小さな川や町ができ
おもちゃの汽車も駆け出せば
まもなく技師の耳もとに
やさしい声が聞えます
おゝ恋人の全身は
玲瓏としたガラスでできて
細いつらゝを靴にはき
春の薄氷をジャケツに着れば
胸にはひかるボタシュバルヴの心臓が
かうかうとしてうごいてゐます
赤と青のリトマス液を盛ってある
やっぱりあなたは心臓を
三つももってゐたんですねと
技師がかなしく云ひますと
あな無残なや!
人はあをあを卒倒して
恋人はにはかに卒倒して
コンクリートのつめたい床に
落花微塵に砕けます
愕然として技師がまなこをひらいて見れば
床に落した油の壺を一人の工手がひろってゐます
川の向ふのカーバイト工場の
まっ黒な夜の屋根から
赤い傘、火花の雲がたってゐて
技師はさびしく(二時十五分)柱時計を仰ぎます



(下書稿2推敲前)

五〇八

発電所

一九二五、四、二、

鈍った雪をあちこち載せる
鉄やギャプロの峯の脚
二十日の月の錫のあかりに
ぼんやり赤い落水管と
ガラスづくりの発電室と
  ……また餘水吐の青じろい滝……
ねずこを雲のその蛍光にたゞしくならべ
柏の影をみちに落して花候のやうにあやしくし
幾列の清冽な電燈は
華奢な盗賊紳士風した風のなか
まっくろな蝸牛スネール水車タービンで早くも春の雷気を鳴らし
巨きな鞘翅発電機で青い夜中のねむけをふるはせ
あとはフズリナ配電盤で
一つの交通地図をこしらえ
むら気な十の電圧計と
もっとむら気な電流計を
ぼかぼか監視してゐると
そのうちだんだんそこらが温くなりだして
交通地図のあちこちに
模型の川の町ができ
小さな汽車も駆け出せば
まもなく技師の耳もとで
やさしい声が何か云ふ
おゝ恋人は玲瓏と
全身ガラスでできて
春の薄氷をジャケツに着れば
胸にはひかるボタシュバルヴの心臓が
赤と青のリトマス液を盛ってゐる
やっぱりあなたは心臓を
三つももってゐたんですねと
技師がかなしくかこって云へば
恋人はにはかに卒倒して
コンクリートの床の上に
微塵になって砕けてしまふ
愕然として技師がおもてをながめると
川の向ふの黒いカーバイト工場の
赤い傘、火花の雲がたってゐて
技師はさびしく時計を仰ぐ



(下書稿1)

五〇八

発電所

一九二五、四、二、

黒い鞘翅ダイナモ発電機コレオプテラ
電気炉の粗大な炭素棒ばかり
ぶるぶる顫ふ夜なかすぎ
亜鉛づくりの小さな分析課のなかで
誰かさびしく銀笛を吹く
  ……鈍った雪をあちこち載せる
    鉄や斑糲岩の峯をめぐらす谷間です……
請願巡査も
するめを噛んでとろとろねむり
幾列の清冽な電燈は
華奢な盗賊紳士ふうした風のなか
  ……かすかな川の水音と
    二十日の月の錫のあかりと……

ねずこを雲のその蛍光にたゞしくならべ
梢の影をみちに映して花候のやうにあやしくし
亜鉛づくりの小さな分析課のなかで
誰かひょろひょろ銀笛を吹く
  (それでもわたくしは画工です)
にはかに工場の夜の屋根から
暗い火花が盛りあがり
二つに析けるガルバノスキー第二アリオソ