目次へ  縦書き

五〇四

〔硫黄いろした天球を〕

一九二五、四、二、

硫黄いろした天球を
煤けた雲がいくきれか翔け
肥料倉庫の亜鉛の屋根で
鳥がするどくひるがへる
最后に湿った真鍮を
二きれ投げて日は沈み
おもちゃのやうな小さな汽車は
教師や技手を四五人乗せて
東の青い古生山地に出発する
  ……大豆まめの玉負ふその人に
    希臘古聖のすがたあり……
積まれて酸える枕木や
けむりのなかの赤いシグナル