目次へ  縦書き

四一一

未来圏からの影

一九二五、二、一五、

吹雪フキはひどいし
けふもすさまじい落磐
  ……どうしてあんなにひっきりなし
    凍った汽笛フエを鳴らすのか……
影や恐ろしいけむりのなかから
蒼ざめてひとがよろよろあらはれる
それは氷の未来圏からなげられた
戦慄すべきおれの影だ

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

四一一

その頃に於ける影

一九二五、二、一五、

吹雪フキはひどいし
けふも(数文字不明)落磐だ
  ……どうしてあんなにひっきりなし
    凍った汽笛フエを鳴らすのだ……
影や(四字不明)けむりのなかから
蒼ざめてひとがよろよろあらはれる
それは氷の未来圏からなげられた
戦慄すべきおれの影だ



(『銅鑼』掲載形 1925年9月8日)

未来圏からの影

吹雪フキはひどいし
けふもすさまじい落磐だ
………どうしてあんなにひっきりなし
   凍った汽笛フエを鳴らすのか………
かげや恐ろしいけむりのなかから
蒼ざめた人がよろよろあらはれる
それは氷の未来圏から抛げられた
戦慄すべきおれの影だ