目次へ  縦書き

四一〇

車中

一九二五、二、一五、

ばしゃばしゃした狸の毛を耳にはめ
黒いしゃっぽもきちんとかぶり
まなこにうつろの影をうかべ
   ……肥った妻と雪の鳥……
凛として
ここらの水底の窓ぎはに腰かけてゐる
ひとりの鉄道工夫である
   ……風が水より稠密で
     水と氷は互に遷る
     稲沼原の二月ころ……
なめらかででこぼこの窓硝子は
しろく澱んだ雪ぞらと
ひょろ長い松とをうつす

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

四一〇

車中

一九二五、二、一五、

ばしゃばしゃした狸の毛皮を耳にはめ
しゃっぽもまっすぐにかぶり
まなこに虚無の影をうかべ
   ……肥った妻と雪の鳥……
凛として
ここらの水底の窓ぎはに腰かけてゐる
ひとりの鉄道工夫である
なめらかででこぼこの窓硝子は
しろく澱んだ雪ぞらと
ひょろ長い松とをうつす