目次へ  縦書き

四〇九

〔今日もまたしやうがないな〕

一九二五、一、二五、

今日もまたしやうがないな
青ぞらばかりうるうるで
窓から下はたゞいちめんのひかって白いのっぺらぼう
砂漠みたいな氷原みたいな低い霧だ
雪にかんかん日が照って
あとで気温がさがってくると
かういふことになるんだな
泉沢だの藤原だの
太田へ帰る生徒らが
声だけがやがやすぐ窓下を通ってゐて
帽子も顔もなんにも見えず
たゞまっ白に光る霧が
ぎらぎら澱んでゐるばかり
もっとも向ふのはたけには
つるうめもどきの石藪が
小さな島にうかんでゐるし
正門ぎはのアカシヤ列は
茶いろな莢をたくさんつけて
蜃気楼そっくり
脚をぼんやり生えてゐる
さうだからといって……
なんだい泉沢なんどが
正門の前を通りながら
先生さよならなんといふ
いったい霧の中からは
こっちが見えるわけなのか
さよならなんていはれると
まるでわれわれ職員が
タイタニックの甲板で
Nearer my God か何かうたふ
悲壮な船客まがひである
むしろこの際進度表などなげ出して
寒暖計やテープをもって
霧にじゃぼんと跳びこむことだ
いくら異例の風景でも
立派な自然現象で
活動写真のトリックなどではないのだから
寒暖計も湿度計も……
 ……霧はもちろん飽和だが……
地表面から高さにつれて
ちがった数を出す筈だ

(本文=定稿)



(下書稿2推敲後)

四〇九

一九二五、一、二五、

今日もまたしやうがないな
青ぞらばかりうるうるで
窓から下はたゞいちめんのひかって白いのっぺらぼう
砂漠みたいな氷原みたいな低い霧だ
雪にかんかん日が照って
あとで気温がさがってくると
かういふことになるらしい
泉沢だの藤原だの
太田へ帰る生徒らは
声だけがやがやすぐ窓下を通ってゐて
帽子も顔もなんにも見えず
たゞまっ白に光る霧が
ぎらぎらよどんでゐるばかり
もっとも向ふのはたけには
つるうめもどきの石藪が
小さな島にうかんでゐるし
正門ぎはのアカシヤ列は
茶いろな莢をたくさんつけて
蜃気楼そっくり
脚をぼんやり生えてゐる
さうだからといって……
なんだい泉沢なんどが
正門の前を通りながら
先生さよならなんといふ
いったい霧の中からは
こっちが見えるわけなのか
とにかくさよならなんていふと
まるでわれわれ職員が
タイタニックの甲板で
Nearer my God か何かうたふ
悲壮な船客まがひである
むしろこの際進度表などなげだして
寒暖計やテープをもって
霧にじゃぼんと跳びこむことだ
いくら異例の風景でも
立派な自然現象で
活動写真のトリックなどではないのだから
寒暖計も湿度計も……
霧はもちろん飽和だが……
きちんと数を出す筈だ



(下書稿2推敲前)

四〇九

一九二五、一、二五、

今日もまたしやうがないな
(一行不明)
青ぞらばかりうるうるひかって
窓から下はたゞいちめんののっぺらぼう
湖みたいな砂漠みたいな低い霧だ
一日ぐらゐならめづらしいけれども
たびたび起るとばかげてくる
雪にかんかん日が照って
それから気温が下がるとできる
泉沢だの藤原だの
太田の方へ行く連中は
ちゃうどおあつらいといふやうに
昇降口からみんなぼかっと中へ沈んでしまったらしい
声だけがやがやどての向ふへまはって行く
どての向ふのはたけには
にはとこ藪も
つるうめもどきの石藪が
小さな島にうかんでゐるし
正門の横のアカシヤ列は
茶いろな莢をたくさんつけて
蜃気楼そっくり
脚をぼんやり生えてゐる
なんだい泉沢なんどが
正門の前を通りながら
先生さよならなんといふ
先生さよならなんていふと
まるでこっちはタイタニックの甲板で
残った船客みたいな気持
むしろこいつは進度表などなげだして
寒暖計や何かをもって
霧にじゃぼんと跳びこむことだ
立派な物理現象で
幻想などではないのだから
寒暖計も湿度計も……
ははは霧はもちろん飽和だが……
きちんと数を出す筈だ



(下書稿1)

今日もまたしやうがないな
またへんな
湖みたいな砂漠みたいな低い霧だ
あんなに白くひかるのは
よほどその粒も巨きい
大きなやはらかな雪が降ったあと風がなく
雪にかんかん日がてって
それから少し気温がさがるとできる
雪ぞらばかりつるつるひかって
窓から下はたゞいちめんの
白くひかったのっぺらぼうだ
一日ぐらゐならめづらしいけれども
たびたび起るとばかげてくる
泉沢だの藤原だの
太田の方へ帰る連中は
昇降口からみんなぽかっと中へ沈んでしまったらしい
ちゃうどおあつらひといふやうに
声だけがやがやどてを向ふへまはって行く
どての向ふにはにはとこ藪も
つるうめもどきの石藪も
小さな島にうかんでゐるし
正門の横のアカシヤ列は
茶いろな莢をたくさんつけて
蜃気楼みたいに脚をぼんやり生えてゐる
なんだい泉沢なんどが
正門の前を通りながら
先生さよならなんといふ
先生さよならなんていふと
まるでこっちはタイタニックの甲板に
残った船客みたいな気持
これはむしろ進度表などいゝかげんにして
寒暖計や何かをもって
霧にじゃぼんと飛び込むことだ