目次へ  縦書き

四〇七

森林軌道

一九二五、一、二五、

岩手火山が巨きな氷霧の套をつけて
そのいたゞきを陰気な亜鉛の粉にうづめ
裾に岱赭の落葉松の方林を
林道白く連結すれば
そこから寒い負性の雪が
小松の黒い金米糖を
野原いちめん散点する
   ……川の音から風の音から
     とろがかすかにひびいてくる……
南はうるむ雪ぐもを
盛岡の市は沈んで見えず
三つ森山の西半分に
雑木がぼうとくすぶって
のこりが鈍いぶりきいろ
   ……鎔岩流の刻みの上に
     二つの鬼語が横行する……
いきなり一すじ
吹雪フキが螺旋に舞ひあがり
つづいて一すじまた立てば
いまはもう野はら一ぱい
あっちもこっちも
空気に孔があいたやう
巌稜も一斉に噴く
   ……四番のとろは
     ひどく難儀をしてゐるらしく
     音も却って遠くへ行った……
一つの雲の欠け目から
白い光が斜めに射し
山は灰より巨きくて
林もはんぶんけむりに陥ちる
   ……鳥はさっきから一生けん命
     吹雪の柱を縫ひながら
     風の高みに叫んでゐた……

(本文=定稿推敲後)



(定稿推敲前)

四〇七

森林軌道

一九二五、一、二五、

岩手火山が巨きな氷霧の套をつけて
そのいたゞきを陰気な亜鉛の粉にうづめ
裾に岱赭の落葉松の方林を
林道白く連結すれば
そこから寒い負性の雪が
小松の黒い金米糖を
野原いちめん散点する
   ……川の音から風の音から
     とろがかすかにひびいてくる……
南はうるむ雪ぐもを
盛岡の市は沈んで見えず
三つ森山の西半分に
雑木がぼうとくすぶって
のこりは鈍いぶりきいろ
   ……鎔岩流の刻みの上に
     二つの鬼語が横行する……
いきなり一すじ
吹雪フキが螺旋に舞ひあがり
つづいて一すじまた立てば
いまはもう野はら一ぱい
あっちもこっちも
空気に孔があいたやう
巌稜も湯気を噴く噴く
   ……四番のとろは
     崖のあたりでひどく難儀をしてゐるらしく
     音も却って遠くへ行ったやう……
一つの雲の欠け目から
白い光が斜めに射し
山は灰より巨きくて
林もはんぶんけむりのなかに陥ちる
   ……鳥はさっきから一生けん命
     吹雪の柱を縫ひながら
     風の高みに叫んでゐた……



(下書稿3推敲後)

四〇七

森林軌道二

一九二五、一、二五、

岩手火山がほとんど白いプディングで
裾は岱赭のからまつばやし
それから寒い負性の雪が
小松の黒い金米糖を
そこらいちめん散点する
  ……山の奥から四番のとろが
    もうごろごろと鳴ってくる……
南は暗い雪雲を
盛岡の市は沈んで見えず
三つ森山の西半分に
雑木が黒くくすぶれば
のこりは鈍いブリキいろ
   (鎔岩流の刻みの上で
    二つの風が結婚する)
吹雪が一すじ光ってのぼり
続いて一すじまた立てば
鳥は一生けん命
風と吹雪の柱とを縫って叫んでゐる



(下書稿3推敲前)

四〇七

間伐見張り

一九二五、一、二五、

岩手火山がほとんど白いプディングで
裾は岱赭のからまつばやし
それから寒い負性の雪が
軌道の鉄をわづかに残し
崖の上までひろがって
小松の黒い金米糖を
そこいちめん散点する
  ……山の奥から四番のとろが
    もうごろごろと鳴ってくる……
南の暗い雪雲を
盛岡の市は沈んで見えず
またライラックのエプロンに
山羊の乳とるその人の
ほのかな声も聞えて来ず
三つ森山の西半分に
雑木が黒くくすぶれば
のこりは鈍いブリキぼたんで飾られる
   (鎔岩流の刻みの上で
    二つの風が結婚する)
吹雪が一すじ光ってのぼり
続いて一すじまた立てば
鳥は一生けん命
そこらを縫って叫んでゐる



(下書稿2推敲後)

四〇七

フレスコ

一九二五、一、二五、

岩手火山がほとんど白いプディングで、裾は岱赭のからまつばやし
それから寒い負性の雪と 小松の黒い斑点スペック〕の群金米糖が
いちめんばらばら
  ……とろがごろごろ鳴ってくる……
三つ森山には雑木が植り 残りは変なブリキ釦で飾られる
   (鎔岩流の刻みの中で
    風が苹果と結婚する)
吹雪が一すじひかってのぼり
続いて一すじまた立てば
鳥は一生けん命そこらを縫って叫んでゐる



(下書稿2推敲前)

四〇七

フレスコ

一九二五、一、二五、

岩手火山がほとんど白いプディングででき、裾は岱赭のからまつばやし
それから寒い負性の雪の展がりに 小松の黒い金米糖が
いちめんばらばら散点する
  ……奥の方からとろがごろごろ鳴ってゐる
    わたしは軌道を避けてゐやう……
凍った雲とまばゆくかすむ日の下で
三つ森山は雑木を泛べ 残りは変なブリキの釦で飾られる
   (あすこのまっ黒な鎔岩流の刻みの中で
    熱した風が黄いろの苹果と結婚した)
いきなり吹雪がひかってのぼり
鳥はもうさっきから
一生けん命そこらをのつめたい潮水のなかで叫んでゐる
たうたうとろがやって来た
赤や黄いろの荒縞を着て
みんな鯡の漁場のやうだ
胴切りされた巨きな楢をつけてゐる



(下書稿1推敲後)

四〇七

森林軌道

一九二五、一、二五、

岩手火山がほとんど白いプディングで
裾は岱赭のからまつばやし
それからあとは負性の雪のひろがりで
小松の黒い金米糖が
いちめんばらばらちらばってゐる
  ……ごろごろとろが鳴ってくる……
  ……とろがごろごろ鳴ってゐる
    わたしは軌道を避けてゐやう……
凍った雲と
まばゆくかすむ日の下で
三つ森の半分には雑木が植り
残りのは白いブリキの釦で飾られる
  ……そこのまっくろな鎔岩流の刻鏤のなかで
    熱した風が黄いろの苹果と結婚した……
吹雪がいきなりひかって騰り
鳥はピッピッピッピ
一生けん命そこらを縫って、
つめたい潮水のなかで叫んでゐる
    もうやってきた
    赤や黄いろの荒縞を着て
    誰もみんな海賊風だ
    胴切りされた巨きな楢をつけてゐる



(下書稿1推敲前)

四〇七

フレスコ

一九二五、一、二五、

岩手火山がほとんど白いプディングででき
三つ森の半分には雑木が植り
残りの半分銀の釦で飾られる
相もかはらず上は凍った乱雲と
まばゆくかすむ日輪盤
吹雪は移り
もうさっきから
鳥はピッピッピッピ
一生けん命そこらを縫ってつめたいガラスのなかで叫んでゐる
  ……鎔岩流刻鏤のなかで
    風が苹果と結婚した……