目次へ  縦書き

三七二

渓にて

一九二五、八、一〇、

うしろでは滝が黄いろになって
どんどん弧度を増してゐるし
むじな色の雲は
谷いっぱいのいたやの脚をもう半分まで降りてゐる
しかもこゝだけ
ちゃうど直径一米
雲から堀り下げた石油井戸ともいふ風に
ひどく明るく玲瓏として
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶるふるえてゐる
早くもびしゃっといなびかり
立派に青じろい大静脈のかたちである
さあ鳴りだした
そこらの蛇紋岩橄欖岩みんなぴりぴりやりだした
よくまあこゝらのいたやの木が
こんなにがりがり鳴るなかで
ぽたりと雫を落としたり
じっと立ったりしてゐるもんだ
早く走って下りないと
下流でわたっていけなくなってしまひさう
けれどもさういふいたやの下は
みな黒緑のいぬがやで
それに谷中申し分ないいゝ石ばかり
何たるうつくしい漢画的装景であるか
もっとこゝらでかんかんとして
山気なり嵐気なり吸ってゐるには
なかなか精神的修養などではだめであって
まづ肺炎とか漆かぶれとかにプルーフな
頑健な身体が要るのである
それにしても
うすむらさきにべにいろなのを
こんなにまっかうから叩きつけて
素人をおどすといふのは
誰の仕事にしてもいゝ事でないな

(本文=下書稿4推敲後)



(下書稿4推敲前)

三七二

渓にて

一九二五、八、一〇、

谷を覆ったいたやの脚を
煤けた雲がひどくのぼってきまするし
うしろの方では
滝がどんどん弧を増して
この奥山の奥(一字不明)の
ごみや粘土で変に濁って居りまする
ところがこゝは
ちゃうど直径一米
ひどく明るくて石油のやうで
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶるふるえてゐるといふことは
こゝだけ雲が切れてるためかと考へまして
そらをすかして見ましても
枝の間の雲脚は
なかなかもってむじないろです
こゝだけ枝がすいてるためかと考へまして
もいちど上を見ましても
楢の梢は三寸とすいて居りません
そんなら人はぬれてがたがたふるえるときに
何かかういふ発光をすることでもあるかとしますれば
いよいよあとがあぶないわけ
やあもうどうして
そらの電気がひとつぱちっとやりました
まもなくそこらの蛇紋岩だの橄欖岩が
ごろごろうなりだすでせう
それではどうも早く走って下りないと
谷もわたって行けなくなってしまひます
それでは神さま
ひとつはしるといたします
けれどもこゝらのいたやの下は
みな黒緑のいぬがやで
それに谷中申し分ないいゝ石ばかり
もっとこゝらでかんかんとして
山気なり嵐気なり吸ってゐたいのでありますが
いやあなたさまこんどは
どういふわけでまたもやそんな
うすむらさきにべにいろなのを
まっかうわたくしに照らしつけて
おおどしなさるでありますか



(下書稿3推敲後)

三七二

一九二五、八、一〇、

谷を覆ったいたやの脚を
煤けた雲ものぼってくるし
滝がどんどん弧を増して
色も濁れば形もじつに悪化した
こゝでぐづぐづしてゐると
谷をわたって行けなくなる
こゝは明るくて石油のやうで
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶる顫えてゐる
木立がすいてゐるでもなし
雲がここだけ切れてもゐない
それではこっちがあんまりぬれて
がたがたふるえてゐるために
何かさういふ発光をしてゐるとでもする
そいつはとても物騒だ
それではかけろ 犬榧犬榧
谷中みんな、申し分ないいゝ石だがな



(下書稿3推敲前)

三七二

一九二五、八、一〇、

谷を覆ったいたやの脚を
煤けた雲がのぼってくるし
滝がどんどん弧を増して
色も濁れば形も悪い
ところがこゝはちゃうど直径一米
ひどく明るくて石油のやうで
雫にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶる顫えてゐる
こゝだけ木立がすいてゐるのかさうでもない
こゝだけ雲が切れたのか さうでもない
それではこっちがあんまりぬれて
がたがたふるえてゐるために
何かさういふ発光をしてゐるのだらうか
結局これは一目散にみちへ出るのが本当らしい
それではかけろ 犬榧犬榧
みんな申し分ないいゝ石だがな



(下書稿2推敲後)

もう字の通りの煤けた雲は
谷を埋めていたやの脚をのぼってくるし
雨がどしゃどしゃしぶきをたてて
山ぢゅうまるでつなみのやうに鳴ってるし
滝は見る見る色も濁れば弧もまして
例のはねかへりの水などは
あんまり太くてだんだん気味が悪くなる
ところがこゝは丁度直径一米だけあかるくて石油のやうで、
雫にひどくぬれたしらねあふひやぜんまいや、
いろいろの葉が青びかりして、
風にぶるぶるふるえてゐる
こゝだけ雲が切れたのかさうでもない
ここだけ木立が隙いてゐるのかさうでもない
下の谷から
それではこっちが
あんまりぬれてがたがたふるえてゐるために
何か蛍光をだしたものか
決してそんなことはない
それでは結局わからない
とにかく早く遁げることだ



(下書稿2推敲前)

こゝは明るくて石油のやうで、
雨にぬれたしらねあふひやぜんまいや、
いろいろの葉が青びかりして、
風にぶるぶるふるえてゐる
それはたまたま雲が切れたのと
ここの木立が隙いてゐるためで
滝はあんなにどんどん弧を増すし
下の谷から
いたやの黒い脚の間を
煤けた雲はのぼってくるし
もう一目散にかけ下りるより仕方ない



(下書稿1推敲後)

三七二

一九二五、八、一〇、

ここは明るくて石油のやうで
どの葉もみんな咲いてゐる
急げ 葉が咲くといふことはない
なんてでたらめだ
さうだあすこは雲の切れ目の下で
雨にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろ葉が青びかりして
風にふるえて図案になってゐただけなのだ
 急げ、……水は弧を増し向ふは雲でまっくらだ
いや雲が切れてではない
あすこは木立が隙いてゐたのだ
さうでもないかむしろこっちが
ぬれてぶるぶる顫えたために
さういふふうに見えたのだらう
急げ急げいたやの木のひょろ長い脚を
あんなに雲がのぼってくる……



(下書稿1推敲前)

三七二

一九二五、八、一〇、

ほう
ここは明るくて石油のやうで
葉がもうみんな咲いてゐる
急げ 葉が咲くといふことはない
あれはひととこ雲が切れたので
雨にぬれたしらねあふひやぜんまいや
いろいろ葉が青びかりして
風にふるえて図案になってゐただけなのだ
 水は弧を増し向ふは雲でまっくらだ
雲が切れたのではなくて
あすこの木立が隙いてゐたのだ
ぜんたいむしろこっちが
ぬれてぶるぶる顫えたために
さういふふうに蛍光を出して見えたのだらう
いたやの木のひょろ長い脚を
あんなに雲がのぼってくる……