目次へ  縦書き

三七〇

〔朝のうちから〕

一九二五、八、一〇、

   ……朝のうちから
     稲田いちめん雨の脚……
駅の出口のカーヴのへんは
X形の信号標や
はしごのついた電柱で
まづは巨きな風の廊下といったふう
ひどく明るくこしらえあげた
   ……せいせいとした穂孕みごろ
     稲にはかゝる水けむり……
親方は
信号標のま下に立って
びしゃびしゃ雨を浴びながら
ぢっと向ふを見つめてゐる
   ……√雨やら雲やら向ふは暗いよと……
そのこっちでは工夫が二人
つるはしをもちしょんぼりとして
三べん四へん稲びかりから漂白される
   ……√くらい山根に滝だのあるよと……
そのまたこっちのプラットホーム
駅長室のはしらには
夜のつづきの黄いろなあかり
   ……√雨やら雲やら向ふでは……
雨の中から
黒いけむりがもくもく湧いて
機関車だけが走ってくる
ずゐぶん長い煙突だけれども
まっ正直に稲妻も浴び
浅黄服着た火夫もわらって顔を出し
雨だの稲だのさっと二つに分けながら
地響きさせて走ってくれば
親方もにんがり笑ひ
工夫も二人腕を組む
   ……√雨やら雲やら……