目次へ  縦書き

三五〇

図案下書

一九二五、六、八、

高原はらの上から地平線まで
あをあをとそらはぬぐはれ
ごりごり黒い樹の骨傘は
そこいっぱいに
藍燈と瓔珞を吊る

  Ich bin der juni,der jungste.

小さな億千のアネモネの旌は
野原いちめん
つやつやひかって風に流れ
葡萄酒いろのつりがねは
かすかにりんりんふるえてゐる

漆づくりの熊蟻どもは
黒いポールをかざしたり
キチンの斧を鳴らしたり
せわしく夏の演習をやる

白い二疋の磁製の鳥が
ごくぎこちなく飛んできて
いきなり宙にならんで停り
がちんと嘴をぶっつけて
またべつべつに飛んで行く

ひとすじつめたい南の風が
なにかあやしいかほりを運び
その高原の雲のかげ
青いベールの向ふでは
もうつゝどりもうぐひすも
ごろごろごろごろ鳴いてゐる

(本文=下書稿4)



(下書稿3推敲後)

三五〇

図案

一九二五、六、八、

高原はらの上から地平線まで
あをあをとそらはぬぐはれ
ごりごり黒い樹の骨傘は
そこいっぱいに
藍燈と瓔珞を吊る

小さな億千のアネモネの旌は
野原いちめん
つやつやひかって風に流れ
葡萄酒いろのやさしい花のつりがねは
かすかにりんりんふるえるなかを

漆づくりの熊蟻どもは
黒いポールをかざしたり
キチンの斧を鳴らしたり
せわしく夏の演習をする

白い二疋の磁製の鳥が
ごくぎこちなく飛んできて
いきなり宙にならんで停り
がちんと嘴をぶっつけて
またべつべつに飛んで行く

ひとすじつめたい東の風が
なにかあやしい灌木から
強いかほりを運んでくると
その高原の雲のかげでは
もうつゝどりやうぐひすや
ごろごろごろごろ鳴いてゐる



(下書稿3推敲前)

三五〇

図案

一九二五、六、八、

原の上から地平線まで
あをあをとそらはぬぐはれ
ごりごり黒い樹の骨傘は
そこいっぱいに
藍燈と瓔珞を吊る

小さな億千のアネモネの旌は
野原いちめん
つやつやひかって風に流れ
葡萄酒いろのやさしい花のつりがねは
かすかにりんりん鳴ってゐる

白い二疋の磁製の鳥が
ごくぎこちなく飛んできて
いきなり宙にならんで停り
がちんと嘴をぶっつけて
またべつべつに飛んで行く

漆づくりの熊蟻は
黒いポールをかざしたり
キチンの斧を鳴らしたり
せわしくそこをゆききする

ひとすじつめたい東の風が
なにかあやしい灌木から
強いかほりを運んでくると
その高原の雲のかげでは
もうつゝどりやうぐひすや
ごろごろごろごろ鳴いてゐる



(下書稿2推敲後)

三五〇

一九二五、六、八、

このおにぐるみの木の下に座ると
そらは一つの巨きな孔雀石の椀で
ごりごり黒い骨傘は
たくさんの藍燈と瓔珞を吊る
白い磁製の二疋の鳥が
ごくぎこちなく飛んで来て
いきなり
向き合って宙に停り
片脚をうしろへあげて
がちんと嘴をぶっつけて
またべつべつに飛んで行く
小さな億千のアネモネの旌は
つやつやひかって風にながれ
葡萄酒いろの小さな花のつりがねは
かすかにりんりん鳴ってゐて
高原の雲の影では
漆づくりの熊蟻が
キチンの斧を噛み合せたり
黒いボールを頭の上でふりまはしたり
行ったりきたりしてゐる
もうほととぎすやうぐひすや
ごろごろごろごろ啼いてゐる
ひとつの風がいきなり毒瓦斯のやうに
清冽なかほりを送ってくる



(下書稿2推敲前)

三五〇

一九二五、六、八、

このおにぐるみの木の下に座ると
そらは一つの巨きな孔雀石の椀で
ごりごり黒い骨傘には
たくさんの藍燈と瓔珞が吊られる
まっ白な磁製の二疋の鳥が
ごくぎこちなく飛んで来て
片脚をうしろへあげて
いきなり
向き合って宙に停り
がちんと嘴をぶっつけます
またべつべつに飛んで行く
小さな億千のアネモネの旌は
つやつやひかって風にながれ
ほたるかつらのやさしい花は
細胞液の反応を示す
山の方では
もうほととぎすやうぐひすや
ごろごろごろごろ啼いてゐる



(下書稿1推敲後)

三五〇

一九二五、六、八、

おれのいまのやすみのあひだに
Chytinの硬い棒を頭でふりまはしたり
口器の斧を鳴らしたりおれの古びた春着のひだや
しゃっぽにのぼった漆づくりの昆虫ども
山のひなたの熊蟻どもはみなおりろ
下りないともう途方もないひどいところへ連れてくぞ
  ……落ちろ!……
もちろんどこまで行ったって
つやつやひかるアネモネの旌は
青ぞらに白くながれやうし
葡萄酒いろした巨きな花の密槽も
すずらんのにほひをはこぶつめたい風もあるにはあらう
それでも何かそこらあたりのでこぼこや
しめり工合がちがってゐて
おまけに巣もなく知り合ひもない
その恐ろしい広い世界の遠くの方へ
行きたくないものはみな落ちろ
  ……落ちろ
    そんな細い黒い脚を折るまいと
    どんなにおれは苦労をすることか
    ひとりで落ちろ……
どいつもこいつも
馬の尾っぽみたいに赤茶けたやつらだ



(下書稿1推敲前)

三五〇

一九二五、六、八、

おれのいまのやすみのあひだに
Chytinの硬い棒を頭でふりまはしたり
口器の斧を鳴らしたりおれの古びた春着のひだや
しゃっぽにのぼった漆づくりの昆虫ども
山地のひなたの熊蟻どもはみなおりろ
下りないともう途方もなくひどいところへ連れてくぞ
  ……落ちろ!……
もちろんどこまで行ったって
つやつやひかるアネモネの旌は
青ぞらに白くながれやうし
すずらんのにほひをはこぶつめたい風もあるにはあらう
葡萄酒いろした巨きな花の密槽も
それでも何かそこらあたりのでこぼこや
しめり工合がちがってゐて
おまけに巣もなく知り合ひもない
その恐ろしい広い世界の遠くの方へ
行きたくないものはみな落ちろ
  ……落ちろ
    そんな細い黒い脚を折るまいと
    どんなにおれは苦労をすることか
    ひとりで落ちろ……
どいつもこいつも
馬の尾っぽみたいに赤茶けたやつらだ