目次へ  縦書き

三四八

〔水平線と夕陽を浴びた雲〕(断片)

一九二五、一、七、

水平線と夕陽を浴びた雲
波が       なり
そ      ひろくふなべりをとってある
さっきの
もう  ながらほって
      がけ
いきなりはげしく
さっきのいちばんきれいなむすめが投げたのだ
   ……   に のさっき
     まっしろな珪 の   いふ
その斑岩の海岸は
あすこにも           のは
今日のそ
いちこ
   ……春  もとるそのむすめたち……