目次へ  縦書き

三四五

〔Largoや青い雲かげやながれ〕

一九二五、五、三一、

Largoや青い雲かげやながれ
くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えたつころ
  延びあがるものあやしく曲り惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にささやけば
馬は水けむりをひからかせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
かくこうひとつ啼きやめば
遠くではまたべつのかくこう
   ……畦はたびらこきむぽうげ
     また田植花くすんで赭いすいばの穂……
つかれ切って泥を一種の飴ともおもひ
水をぬるんだ汁ともおもひ
またたくさんの銅のラムプが
畔で燃えるとかんがへながら
またひとまはりひとまはり
鉛のいろの代を掻く
   ……たてがみを
     白い夕陽にみだす馬
     その親に肖たうなじを垂れて
     しばらく畦の草食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
こどもはこんどは悟空を気取り
黒い衣裳の両手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……ひらめくひらめく水けむり
     はるかに遷る風の裾……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる

(本文=定稿)



(下書稿2推敲後)

三四五

一九二五、五、三一、

Largoや青い雲かげやながれ
くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えたつころ、
  延びあがるものあやしく曲り惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にさゝやけば
馬は水けむりをひからかせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
かくこうひとつ啼きやめば
遠くではまたべつのかくこう
   ……畦はたびらこきむぽうげ
     また田植花くすんで赭いすいばの穂……
つかれて切っては泥を一種の飴ともおもひ
水をぬるんだ汁ともおもひ
またたくさんの銅のラムプが
畔で燃えるとかんがへながら
もうひとまはり代を掻く
   ……たてがみを
     白い夕陽にみだす馬
     うなじを垂れて
     しばらく畦の草を食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
こどもはこんどは悟空気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……さっとひらめく水けむり
     はるかに遷る風の脚……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる



(下書稿2推敲前)

三四五

陸中国挿秧之図

一九二五、五、三一、

Largoや青い雲かげもながれ
鉛の水は稲田をわたり
くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えあがるなかを
馬もゆききし
ひともうつつにうごいてゐる
  並木は松の黒緑の列
  延びあがるものあやしく曲り惑ふもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にさゝやけば
馬は水けむりをひからせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
小鳥は楢の林のなかにいて
豆やガラスがあらゆる穀粒をまきちらし
まんじゅう笠の集配人は
こゝろせはしく小径をかへる
   ……畦はたびらこきむぽうげ
     また田植花くすんで赭いすいばの穂……
東の山の襞ごとに
霧の火むらが燃えあがり
しばらく鳥も鳴きやめば
ひとはつかれて泥を一種の飴ともおもひ
水をぬるんだスープとおもひ
またたくさんの銅のラムプが
(一字不明)で燃えるとかんがへながら
もうひとまはり代を掻く
   ……たてがみを
     白い夕陽にみだす馬
     うなじを垂れて
     しばらく畦の草を食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
人はメフェストフェレス気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……さっとひらめく水けむり
     (一行不明)
     残りの夕陽をみだす馬……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる



(「無名作家」掲載形 1927年12月1日)

陸中国挿秧之図

宮澤賢治

ラルゴや青い雲翁やながれ
玉髄焦げて盛りあがり
風は苗代の緑の氈と
はんの木の葉を輝やかし
桐の花も咲き
まるめろやりんごの鴇いろも燃える野原
馬もゆききし
ひともうつつにうごいてゐる
  つらなるもの
  あやしく踊り惑むもの
  あるいは青い蘿をまとうもの
馬は水けむりをひからかせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまづつぽい風の脚
     あまづつぽいかぜの呪言……
鳥は林で銀やガラスやあらゆる穀粒を撒きちらし
畦畔はかびらこの花きむぽうげ
また田植花くすんで赭いすいばの穂
   ……山脈のいちいちの襞と縞とに
     まつ白な霧の火むらが燃えあがる
かくこうもしばらくうたひやみ
ひともつかれはゼラチンの菓子とかんがへ
水をぬるんだスープとおもひ
たくさんの黄金のラムプが
畔で光を発射するとおもひながら
もうひとまはり代を掻く
    ……たてがみを残りの夕陽に乱す馬
      こっちはやすみの
      うなじをたれて草を食ふ馬……
ろ葉かげろへば
赤楊の樹 銅のかがみを吊し
人はメフェストフェレス気取で
黒い衣裳の手をひろげ
夕陽の中に燐酸をまく
   ……影とコムパス
     せはしく光るゼラチン盤……
雲の羊毛にたちまち縮れて日をかくし
また行きすぎれば青々くらむ松並木



(下書稿1推敲後)

三四五

陸中の五月

一九二五、五、三一、

くわりんの花もぼそぼそ暗く燃えたてば
水は稲田をわたり
Largoや青い雲かげやながれ
玉髄焦げて盛りあがり
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉をうごかせば
桐の花が咲き(数文字不明)燃え(以下不明)
(数文字不明)ごの鴇(以下不明)
馬もゆききし
ひともうつつにうごいてゐる
  並木の松の黒緑の列
  あやしく曲り惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉にさゝやけば
馬は水けむりをひからせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがる
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
小鳥は楢の林のなかで
豆やガラスやあらゆる穀粒を撒きちらし
郵便の集配人は
所在なく小みちをかへる
畦はたびらこ きむぽうげ
また田植花くすんで赭いすいばの穂
  ……いま山脉の襞ごとに
    まっ白な霧があがって……
かくこうもしばらくうたひやみ
ひともつかれて泥を一種の飴とかんがへ
水をぬるんだスープとおもひ
またたくさんの銅のラムプが、
畦で燃えるとかんがへながら
もうひとまはり代を掻く
   ……たてがみを白い夕陽にみだす馬
     しばし畦の草を食ふ馬……
檜葉かげろへば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
人はメフェストフェレス気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
またひとしきり燐酸をまく
   ……さっとひらめく水けむり
     たてがみを残りの夕陽をみだす馬……
湿って桐の花が咲き
そらの玉髄しづかに焦げて盛りあがる



(下書稿1推敲前)

三四五

陸中国挿秧之図

一九二五、五、三一、

Largoや青い雲かげやながれ
玉髄焦げて盛りあがり
風が苗代の緑の氈と
はんの木の葉をうごかせば
桐の花が咲き(数文字不明)燃え(以下不明)
(数文字不明)ごの鴇(以下不明)
馬もゆききし
ひともうつつにうごいてゐる
  つらなるもの
  あやしく踊りり惑むもの
  あるひは青い蘿をまとふもの
馬は水けむりをひからせ
こどもはマオリの呪神のやうに
小手をかざしてはねあがり
   ……あまずっぱい風の脚
     あまずっぱいかぜの呪言……
鳥は林で
銀やガラスやあらゆる穀粒を撒きちらし
畦畔はたびらこの花 きむぽうげ
また田植花くすんで赭いすかんぽの穂
  ……暗む山脉のいちいちの襞と縞とに
    純白な霧の火むらが燃えあがる……
かくこうもしばらくうたひやみ
ひともつかれては泥をゼラチンの菓子とかんがへ
水をぬるんだスープと感じ
たくさんの黄金のラムプが、
畦で光を発射するとおもひながら
もうひとまはり代を掻く
   ……たてがみを、残りの夕陽にみだす馬
     (約十五字不明)草を食む馬……
檜葉か(二字不明)へば
赤楊の木鋼のかゞみを吊し
人はメフェストフェレス気取りで
黒い衣裳の手をひろげ
夕陽に過燐酸をまけば
   ……影とコムパス(数文字不明)ゼラチン盤……
雲の羊毛たちまち縮れて日輪をかくし
また行きすぎては青々くらむ松並木

大正十四、北斎描く陸中国の見取図である