目次へ  縦書き

三四三

暁穹への嫉妬

一九二五、一、六、

薔薇輝石や雪のエッセンスを集めて、
ひかりけだかくかゞやきながら
その清麗なサファイア風の惑星を
溶かさうとするあけがたのそら
さっきはみちは渚をつたひ
波もねむたくゆれてゐたとき
星はあやしく澄みわたり
過冷な天の水そこで
青い合図winkをいくたびいくつも投げてゐた
それなのにいま
(ところがあいつはまん円なもんで
リングもあれば月も七っつももってゐる
第一あんなもの生きてもゐないし
まあ行ってみろごそごそだぞ)と
草刈が云ったとしても
ぼくがあいつを恋するために
このうつくしいあけぞらを
変な顔して 見てゐることは変らない
変らないどこかそんなことなど云はれると
いよいよぼくはどうしていゝかわからなくなる
……雪をかぶったはひびゃくしんと
  百の岬がいま明ける
  万葉風の青海原よ……
滅びる鳥の種族のやうに
星はもいちどひるがへる

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

三四三

暁穹への嫉妬

一九二五、一、六、

薔薇輝石や雪のエッセンスを集めて、
その清麗なサファイア風の惑星を
溶かさうとするあけがたのそらに
わたくしは何を挨拶し なにを贈ればいゝのだらう
なあにそいつはまん円なもので
リングもあれば月も七っつもってゐる
第一あんなもの生きてもゐないし
まあ行ってみろごそごそだぞと
誰かゞ仮に云ったとしても
ぼくがあいつを恋するために
このうつくしいあけぞらを
少うし変な顔して 見てゐることは変らない
それでて変らないどこかそんなことなど云はれると
いよいよぼくはどうしていゝかわからない
いったいさっきみちが渚を来たときに
あんまり青くあやしく澄んで
ぼくを誘惑しないといゝんだ
雪をかぶったはひびゃくしんと
百の岬がいま明ける
あの清らかなサファイア風の惑星を
おまへの上の鴇いろをした眩盤に
ひかりたえだえ溶けかゝるとき
わたくしは何を挨拶し
なにをそらにちかへばいゝんだらう