目次へ  縦書き

三四〇

〔あちこちあをじろく接骨木にはとこが咲いて〕

一九二五、五、二五、

あちこちあをじろく接骨木にはとこが咲いて
鬼ぐるみにもさはぐるみにも
青だの緑金だの
まばゆい巨きな房がかかった
 
 
 
 
そらでは春の爆鳴銀が
甘ったるいアルカリイオンを放散し
鷺やいろいろな鳥の紐が
ぎゅっぎゅっ乱れて通ってゆく
 
 
 
 
ぼんやりけぶる紫雲英の花簇と
茂らうとして
まづ赭く灼けた芽を出す桂の木