目次へ  縦書き

三三七

国立公園候補地に関する意見

一九二五、五、一一、

どうですか この熔岩流は
殺風景なもんですなあ
噴き出してから何年たつかは知りませんが
かう日が照ると空気の渦がぐらぐらたって
まるで大きな鍋ですな
いたゞきの雪もあをあを煮えさうです
まあパンをおあがりなさい
いったいこゝをどういふわけで
国立公園候補地に
みんなが運動せんですか
いや可能性
それは充分ありますよ
もちろん山ぜんたいです
うしろの方の火口湖 温泉 もちろんですな
鞍掛山もむろんです
ぜんたい鞍掛山はです
Ur-Iwateとでも申すべく
大地獄よりまだ前の
大きな火口のへりですからな
さうしてこゝは特に地獄にこしらえる
愛嬌たっぷり東洋風にやるですな
鎗のかたちの赤い柵
枯木を凄くあしらひまして
あちこち花を植えますな
花といってもなんですな
きちがひなすびまむしさう
それから黒いとりかぶとなど、
とにかく悪くやることですな
さうして置いて、
世界中から集った
猾いやつらや悪どいやつの
頭をみんな剃ってやり
あちこち石で門を組む
死出の山路のほととぎす
三途の川のかちわたし
六道の辻
えんまの庁から胎内くぐり
はだしでぐるぐるひっぱりまはし
ぞれで罪障消滅として
天国行きのにせ免状を売りつける
しまひはそこの三つ森山で
交響楽をやりますな
第一楽章 アレグロブリオははねるがごとく
第二楽章 アンダンテ やゝうなるがごとく
第三楽章 なげくがごとく
第四楽章 死の気持ち
よくあるとほりはじめは大へんかなしくて
それからだんだん歓喜になって
最后は山のこっちの方へ
野砲を二門かくして置いて
電気でずどんと実弾をやる
Aワンだなと思ったときは
もうほんものの三途の川へ行ってるですな
ところがこゝで豫習をつんでゐますから
誰もすこしもまごつかない またわたくしもまごつかない
さあパンをおあがりなさい
向ふの山は七時雨
陶器に描いた藍の絵で
あいつがつまり背景ですな

(本文=下書稿3推敲後)



(下書稿3推敲前)

三三七

黒人技師の鎔岩流に対する意見

一九二五、五、一一、

どうですか この熔岩流は
殺風景なもんですなあ
噴き出してから二百何年たつさうですが
かう日が照ると空気の渦がぎらぎらたって
いたゞきの雪もあをあを煮えるやう
まるで大きな鍋ですな
まあパンをおあがりなさい
いったいこゝを
県か国かでなぜ公園にせんですかなあァ
えゝえ もちろん山も入れましてです
火口湖 温泉 もちろんですな
さうしてこゝは特に地獄にこしらえる
愛嬌たっぷり東洋風にやるですな
何せ向ふに極楽野てのがありますからな
(一行不明)
鎗のかたちの鉄索に
枯木をあちこちあしらひまして
岩にも少し朱をつかひ
それから花を植えますな
(一行不明)
きちがひなすびまむしさう
それから黒いとりかぶとです
さうして置いて世界中から集った
猾るいやつらや悪どいやつらの
頭をみんな剃ってやり
死出の山から三途の川
えんまの庁から胎内くぐり
針の山だの棘ケ原
はだしでぐるぐるひっぱりまはし
ぞれで罪障消滅として
天国行きのにせ免状を売りつける
しまひはそこの三つ森山で
オーケストラをやりますな
第一楽章 アレグロブリオははねるがごとく
第二楽章 アンダンテ やゝうなるがごとく
第三楽章 なげくがごとく
第四楽章 死の気持ち
法則通りはじめは大へんかなしくて
それからだんだん歓喜になって
最后は山のこっちの方へ
野砲を二門かくして置いて
電気でずどんと実弾をやる
Aワンだなと思ったときは
もうほんものの三途の川へ行ってるですな
さあパンをおあがりなさい
誰もすこしもまごつかない
さあパンをおあがりなさい
向ふの山は七時雨
陶器に描いた藍の絵ですな
あいつがつまり背景です
は(以下不明)
(一行不明)
(一行不明)



(下書稿2推敲後)

三三七

黒人技師の鎔岩流に対する意見

一九二五、五、一一、

どうですか この熔岩流は
殺風景なもんですなあ
噴き出してから二百何年たつさうですが
かう日が照ると空気の渦がぎらぎらたって
いたゞきの雪もあをあを煮えるやう
まるで大きな鍋ですな
まあパンをおあがりなさい
いったいこゝを
県か国かでなぜ公園にせんですかなあ
えゝえ、もちろん山も入れましてです
さうしてこゝは特に地獄にこしらえる
こゝはわたしがやりたいです
鎗のかたちの鉄柵に
枯木をあちこちあしらひまして
岩にも少し朱をつかひ
さうして花を植えますな
花はトリトマまんじゅしゃげ
きちがひなすびとまむしさう
それから黒いとりかぶとです
さうして置いて世界中から集まった
猾るいやつらや悪どいやつの頭をみんな剃ってやり
死出の山から三途の川
えんまの庁から胎内潜り
針の山だの棘ヶ原だの
はだしでぐるぐるひっぱりまはし
それで罪障消滅として
天国行きのにせ免状を売りつける
しまひはそこの三つ森山で
オーケストラをやりますな
第一楽章アレグロブリオははねるがごとく
第二楽章アンダンテ やゝうなるがごとき
第三楽章なげくがごとき
第四楽章死の気持ち
法則通りはじめは大へんかなしくて
それからだんだん歓喜になって
最后は山のこっちの方へ
野砲を二門かくして置いて
電気でずどんと実弾をやる
G1だなと思ったときは
ほんものの三途の川へ行ってるですな
ところがこゝで予習をつんでゐますから
誰も少しもまごつかない
さあパンをおあがりなさい
向ふの山は七時雨
陶器に描いた藍の絵ですな
あいつがつまり背景です
ははは



(下書稿2推敲前)

三三七

鎔岩流

一九二五、五、一一、

どうですか この熔岩流は
殺風景なもんですなあ
噴き出してから二百何年たつさうですが
かう日が照ると空気の渦がぎらぎらたって
いたゞきの雪もあをあを煮えるやう
まるで大きな鍋ですな
いったいこゝを
県か国かでなぜ公園にせんですかなあ
えゝえ、もちろん山も入れましてです
薬師岳から鬼ヶ城
向ふのあのまっ青な火口湖に
網張小岩井もちろんですな
さうしてこゝは特に地獄にこしらえる
何せ向ふに極楽野てのがありますからな
えゝえゝこゝはわたしがひとつやりたいですな
鎗のかたちの鉄柵に
枯木をあちこち扱いまして
岩にも少し黒とセピヤと朱をつかひ
世界中から集まった
猾るいやつらや悪どいやつを
死出の山から三途の川
えんまの庁から胎内潜り
針の山だの棘の原だの
はだしでぐるぐるひっぱりまはし
それで罪障消滅として
天国行きのにせ免状を売りつける
しまひはあすこの三つ森山で
オーケストラをやりますな
第一楽章アレグロブリオははねるがごとく
第二楽章アンダンテやゝうなるがごとき
第三楽章なげくがごとき
第四楽章死の気持ち
はじめは大へんかなしくて
それからだんだん歓喜になって
最后は山のこっちの方へ
野砲を二門かくして置いて
電気でずどんと実弾をやる
G1だなと思ったときは
ほんものの三途の川へ行ってるですな
さあパンをおあがりなさい
向ふの山は七時雨
陶器に描いた藍の絵ですな
あいつがつまり背景です
ははは



(下書稿1断片)

三三七

鎔岩流

一九二五、五、一一、

かげらふが鎔岩いちめん沸いてゐる
いたゞきの雪もぐらぐら煮えてるやうだ
白樺の気のゆれるのは
(以下空白)