目次へ  縦書き

三三六

春谷暁臥

一九二五、五、一一、

酪塩のにほひが帽子いっぱいで
温く小さな暗室をつくり
谷のかしらの雪をかぶった円錐のなごり
水のやうに枯草くさをわたる風の流れと
まっしろにゆれる朝の烈しい日光から
薄い睡酸を護ってゐる
  ……その雪山の裾かけて
    播き散らされた銅粉と
    あかるく亘る禁欲の天……
佐一が向ふに中学生の制服で
たぶんしゃっぽも顔へかぶせ
灌木藪をすかして射す
キネオラマ的ひかりのなかに
夜通しあるいたつかれのため
情操青く透明らしい
  ……コバルトガラスのかけらやこな!
    あちこちどしゃどしゃ抛げ散らされた
    安山岩の塊と
    あをあを燃える山の岩塩しほ……
ゆふべ凍った斜子なゝこの月を
茄子焼山からこゝらへかけて
夜通しぶうぶう鳴らした鳥が
いま一ぴきも翔けてゐず
しづまりかへってゐるところは
やっぱり餌をとるのでなくて
石竹いろの動因だった
  ……佐一もおほかたそれらしかった
    育牛部からやま地へ抜けて
    放牧柵を越えたとき
    水銀いろのひかりのなかで
    杖や窪地や水晶や
    いろいろ春の象徴を
    ぽつりぽつりと拾ってゐた……
       (蕩児高橋亨一が
        しばし無雲の天に往き
        数の綏女とうち笑みて
        ふたたび地上にかへりしに
        この世のをみなみなしく
        そのかみ帯びしプラチナと
        ひるの夢とを組みなせし
        鎖もわれにはなにかせんとぞ嘆きける)
    羯阿ぎゃあぎあ 居る居る鳥が立派に居るぞ
    羯阿迦 まさにゆふべとちがった鳥だ
    羯阿迦 鳥とは青い紐である
    羯阿迦 二十八ポイント五!
    羯阿迦 二十七!
    羯阿迦 二十七!
はじめの方が声もたしかにみじかいのに
二十八ポイント五とはどういふわけだ
帽子をなげて眼をひらけ
もう二里半だ
つめたい風がながれる

(本文=定稿)



(下書稿3推敲後)

三三六

春谷暁臥

一九二五、五、一一、

酪塩のにほひが帽子いっぱいで
温く小さな暗室をつくり
谷のかしらの雪をかぶった円錐のなごり
水のやうに枯草くさをわたる風の流れと
まっしろにゆれる朝の烈しい日光から
薄い睡酸を保護してゐる
  ……その雪山の裾かけて、
    播き散らされた銅粉と
    あかるく亘る禁慾の天……
「幻」が向ふに中学生の制服で
たぶんしゃっぽも顔へかぶせ
灌木藪をすかして射す
キネオラマ的光にまぶれ
夜通し歩いたつかれのため
情操青く透明らしい
  ……コバルトガラスのかけらやこな!
    あちこちどしゃどしゃ抛げ散らされた
    安山岩の塊と
    あをあを燃える山の岩塩しほ……
ゆふべ凍った斜子の月を
くらかけ山からこゝらへかけて
夜通しぶうぶう鳴らした鳥が
いまいっぴきも翔けてゐず、
しづまりかへってゐるところは
やっぱり餌をとるのでなくて
やっぱりどうも石竹いろの動因だった
  ……「幻」もおほかたそれらしかった
    育牛部から山へ出て
    放牧柵を越えたとき
    水銀いろのひかりのなかで
    杖や窪地や水晶や
    いろいろ春の象徴を
    ぽつりぽつりと拾ってゐた……
       (蕩児高橋亨一が
        しばし無雲の天に往き
        数の綏女とうち笑みて
        ふたたび地上にかへりしに
        この世のをみなみなしく
        そのかみ帯びしプラチナと
        ひるの夢とを組みなせし
        鎖もわれにはなにかせんとぞ嘆きける)
    羯阿ぎゃーぎや 居る居る鳥が立派に居るぞ
        まさにゆふべとちがった鳥だ
    ─── 鳥とは青い紐である
    ─── 二十八ポイント五!
    ─── 二十七!
    ─── 二十七!
はじめの方が声もたしかにみぢかいのに
二十八ポイント五とはどういふわけだ
帽子をなげて眼をひらけ
もう二里半だ
つめたい風がながれる



(下書稿3推敲前)

三三六

春谷暁臥

一九二五、五、一一、

  ……雪の円錐
    その裾かけて
    播き散らされた銅粉と
    あかるく亘る禁慾の天……
帽子をしゃんと顔の上へのせて
このかれ芝へねころべば
かすかに温い酪酸のにほひが
水のやうに谷をわたる風の流れと
まっしろにゆれる朝の烈しい日光から
薄い睡酸を保護するわけ
  ……青いラムプの影法師
    安山岩の卓子つくえいす
    花さきめぐる灌木の群……
       (蕩児高橋亨一が
        しばし無雲の天に往き
        数の綏女とうち笑みて
        ふたたび地上に帰りしに
        この世のをみなみなしく
        そのかみ帯びしプラチナと
        まひるの夢を組みなせし
        鎖もわれにはなにかせんとぞ嘆きける)
  ……コバルトガラスのかけらやこな!
    あをあを燃える山の岩塩しほ……
ゆふべ凍った斜子の月を
くらかけ山からこゝらへかけて
夜通しぶうぶう鳴らした鳥が
いまいっぴきも居ないのは
やっぱりどうも石竹いろの原因らしい
……それに佐一もさうらしい
育牛部から山へ出て
放牧柵を越えたとき
水銀いろのひかりのなかで
杖や蛙や水晶や
いろいろ春の象徴を
ぽつりぽつりと云ってゐた
いまは夜どほしあるいたので
やっぱり睡く向ふに居る
    Gyagya 居る居るちがった鳥だ
    Gyagya 鳥は青い紐である
    Gyagya 二十八ポイント五!
    Gyagya 二十七!
    Gyagya 二十七!
はじめのがいちばん声がみぢかいのに
二十八ポイント五とはどういふわけだ
帽子をなげて眼をひらけ
もう二里半だ
つめたい風がながれる



(下書稿2断片)

※四片が切り取られて下書稿3に組み込まれている。現存はこの部 分のみ



(下書稿1推敲後)

三三六

春谷暁臥

一九二五、五、一一、

    雪の円錐
    その裾かけて播き散らされた銅粉と
    あかるく亘る禁欲の天
酪酸のにほひが帽子いっぱいで
黒くて厚い穹窿を張り
水のやうに谷をわたる風の流れと
まっしろにゆれる朝の烈しい日光から
薄い睡酸を保護してゐる
  ……青いラムプのかげぼうし
    コバルトガラスのかけらや粉
    花さき遶る灌木の群
    卓のかたちの安山岩と
    あをあを燃える山の岩塩
       (蕩児高橋亨一が
        無雲の天に往き数の綏女とうち笑みて
        ふたたび地上に帰りしに
        この世のをみなみな怪しく
        そのかみ帯びしプラチナと
        まひるの夢を組みたりし
        鎖もわれにはなにかせんとぞ嘆きける)
ゆふべ凍った斜子の月を
くらかけ山からこゝらへかけて
夜通しぶうぶう鳴らした鳥が
いまいっぴきもゐないのは
やっぱりどうも屈折率の関係らしい
    Gyagya 別のがいたぞ鳥は青い紐である
    Gyagya 鳥はあんまり生意気である
    Gyagya  味噌漬け 二十八ポイント五!
    Gyagya   みたいな 二十七!
    Gyagya   鳥のつら 二十七!
はじめのがいちばん声がみぢかいのに
二十八ポイント五とはどういふわけだ
帽子を投げて眼をひらけ
つめたい風がながれる



(下書稿1推敲前)

三三六

(一字不明)春(二字不明)

一九二五、五、一一、

    雪の円錐
    その裾かけて播き散らされた銅粉と
    あかるく亘る禁欲の天
    あをあを燃える山の岩塩しほ
睡酸のにほひが帽子いっぱいで
帽子はおれの額の上に黒くて厚く
水のやうに谷をわたる風の流れと
まっしろにゆれる朝の烈しい日光とから
(三、四字不明)の睡酸を保護してゐる
  ……青いラムプの影法師
    コバルトガラスのかけらや粉
    花さき遶る灌木とそら
       (蕩児高橋亨一が
        天上に行き数の綏女とうち笑みて
        ふたたび地上に帰りしに
        この世のをみなみな怪しく
        そのかみ帯びしプラチナと
        まひるの夢を組みたりし
        鎖もわれにはなにかせんとぞなげきける)
(一行不明)
(一行不明)
(一行不明)
やっぱり主に屈折率の関係らしい
    Gyagya 鳥は青い紐である
    Gyagya 鳥はあんまり生意気である
    Gyagya 味噌漬けか 二十八ポイント五!
    Gyagya 茶みたいな 二十七!
    Gyagya (二字不明)鳥のつら 二十七!
はじめのがいちばん声がみぢかいのに
二十八ポイント五とはどういふわけだ
眼をひらけ
つめたい風がながれる