目次へ  縦書き

三三五

〔つめたい風はそらで吹き〕

一九二五、五、一〇、

つめたい風はそらで吹き
黒黒そよぐ松の針


ここはくらかけ山の凄まじい谷の下で
雲ものぞけば
銀斜子の月も凍って
さはしぎどもがつめたい風を怒ってぶうぶう飛んでゐる
  しかもこの風の底の
  しづかな月夜のかれくさは
  みなニッケルのあまるがむで
  あちこち風致よくならぶものは
  ごくうつくしいりんごの木だ
  そんな木立のはるかなはてでは
  ガラスの鳥も軋ってゐる
さはしぎは北のでこぼこの地平線でもなき
わたくしは寒さにがたがたふるえる
  氷雨が降ってゐるのではない
  かしはがかれはを鳴らすのだ