目次へ  縦書き

三三五

〔つめたい風はそらで吹き〕

一九二五、五、一〇、

つめたい風はそらで吹き
黒黒そよぐ松の針


ここはくらかけ山の凄まじい谷の下で
雲ものぞけば
銀斜子の月も凍って
さはしぎどもがつめたい風を怒ってぶうぶう飛んでゐる
  しかもこの風の底の
  しづかな月夜のかれくさは
  みなニッケルのあまるがむで
  あちこち風致よくならぶものは
  ごくうつくしいりんごの木だ
  そんな木立のはるかなはてでは
  ガラスの鳥も軋ってゐる
さはしぎは北のでこぼこの地平線でもなき
わたくしは寒さにがたがたふるえる
  氷雨が降ってゐるのではない
  かしはがかれはを鳴らすのだ

(本文=下書稿推敲後)



(下書稿推敲前)

三三五

一九二五、五、一〇、

つめたい風はそらで吹き
月のかけらの銀斜子
黒黒そよぐ松の針
撓って鳴らす鳥の群
   (時間の軸を灰いろ錫の光とします
    見給へここに地質時代の各紀の爬虫が集まってゐる
    その各々がじぶんの祖先の血をたべたいとひいめいてゐる)
  なんといふことだ
  遁げやう遁げやう
 さはしぎは二羽
わたくしが眼をさまして見れば
ここはくらかけ山の凄まじい谷の下で
雲ものぞけば
銀斜子の月も凍って
さはしぎどもがつめたい風を怒ってぶうぶう飛んでゐる
  しかもこの風の底の
  しづかな月夜のかれくさは
  みなニッケルのあまるがむで
  あちこち風致よくならぶものは
  みなうつくしいりんごの木だ
  そんな木立のはるかなはてでは
  ガラスの鳥も軋ってゐる
さはしぎは北のでこぼこの地平線でもなき
わたくしは寒さにがたがたふるえる
  氷雨が降ってゐるのではない
  かしはがかれはを鳴らすのだ