目次へ  縦書き

三三三

遠足統率

一九二五、五、七、

もうご自由に
ゆっくりごらんくださいと
大ていそんなところです
    そこには四本巨きな白楊ドロ
    かがやかに日を分劃し
    わづかに風にゆれながら
    ぶつぶつ硫黄の粒を噴く
前にはいちいち案内もだし
博物館もありましたし
ひじゃうに待遇したもんですが
まい年どしどし押しかける
みんなはまるで無表情
向ふにしてもたまらんですな
    せいせいと東北東の風がふいて
    イーハトーヴの死火山は
    斧劈の皺を示してかすみ
    禾草がいちめんぎらぎらひかる
いつかも騎兵の斥候が
秣畑をあるいたので
誰かゞちょっととがめたら
その次の日か一旅団
もうのしのしとやってきて
大演習をしたさうです
    鶯がないて
    花樹はときいろの焔をあげ
    から松の一聯隊は
    青く荒んではるかに消える
えゝもうけしきはいゝとこですが
冬に空気が乾くので
健康地ではないさうです
中学校の寄宿舎へ
ここから三人来てゐましたが
こどものときの肺炎で
みな演説をしませんでした
    七つ森ではつゝどりどもが
    いまごろ寝ぼけた機関銃
    こんどは一ぴき鶯が
    青い折線のグラフをつくる
あゝやって来たやっぱりひとり
まあご随意といふ方らしい
あ誰だ
電線へ石投げたのは
    くらい羊舎のなかからは
    顔ぢゅう針のささったやうな
    巨きな犬がうなってくるし
    井戸では紺の滑車が軋り
    蜜蜂がまたぐわんぐわん鳴る
     (イーハトーヴの死火山よ
      その水いろとかゞやく銀との襞をおさめよ)

(本文=下書稿4推敲後)



(下書稿4推敲前)

三三三

遠足統率

一九二五、五、七、

もうご自由に
ゆっくりごらんくださいと
大ていそんなところです
    そこには四本巨きな白楊ドロ
    かがやかに日を分劃し
    わづかに風にゆれながら
    ぶつぶつ硫黄の粒を噴く
前にはいちいち案内もだし
博物館もありましたし
ひじゃうに待遇したもんですが
まい年どしどし押しかける
みんなはまるで無表情
向ふにしてもたまらんですな
いつかも騎兵の斥候が
秣畑をあるいたので
誰かゞちょっととがめたら
その次の日か一旅団
もうのしのしとやってきて
大演習をしたさうです
    たてつづけに鶯がないて
    花樹はときいろの焔をあげ
    またから松の一聯隊は
    青く荒んではるかに消える
えゝもうけしきはいゝとこですが
冬は空気が乾いてゐて
からだにはよくないらしいです
中学校の寄宿舎へ
ここから三人来てゐましたが
こどものときの肺炎で
みな演説をしませんでした
    七つ森ではつゝどりどもが
    いまごろ寝ぼけた機関銃
    こんどは一ぴき鶯が
    青い折線のグラフをつくる
あゝやって来たやっぱりひとり
まあご随意といふ方らしい
あ誰だ
電線へ石投げたのは
    くらい羊舎のなかからは
    顔ぢゅう針のささったやうな
    巨きな犬がうなってくるし
    井戸では紺の滑車が軋り
    蜜蜂がまたぐわんぐわん鳴る
     (イーハトーヴの死火山よ
      その水いろとかゞやく銀との襞をおさめよ)



(下書稿3推敲後)

三三三

一九二五、五、七、

もうご自由に
ゆっくりごらんくださいと大ていそんなところです
前にはいちいち案内もだし
博物館もありましたし
非常に待遇したもんですが
そこには四本巨きなドロが
かがやかに日を分劃し
わづかに風にゆれながら
みんなぶつぶつ硫黄の粒を噴く
またそのころの場員は
痛いも痒いもよくわかる
ほんとの文明人でした
ところが毎年やってくる
こっちはまるで無表情
向ふにしてもたまらんですな
いつかの演習で秣畑をあるいたのを誰かゞそれをとがめたら
その次の日か一旅団もうのしのしとやってきて
大演習をしたさうです
せいせいと東北東の風が吹いて
花樹はときいろの焔をあげ
から松の一聯隊は
青ざめてはるかに消える
えゝもうけしきはいゝとこですが
冬は空気がずゐぶん乾いてゐて
健康にはよくないらしいです
中学校の寄宿舎へ
こゝから三人来てゐましたが
こどものときの肺炎で
みな演説ができませんでした
そのうちひとりが云ひました
盛岡中の高位の人を
いつかごちさうしたときに
せっかく出した七面鳥を
みんな豚だと思ってゐたとか
桜の花ももっともらしく
七つ森ではつゝどりどもが
いまごろ寝ぼけた機関銃
それからこんどは鶯が
青い折線のグラフをつくる
あゝやって来たやっぱりひとり
まあご随意といふ方らしい
あ 誰だ
電線へ石投げたのは
  くらい羊舎のなかからは
  顔ぢゅう針のささったやうな
  巨きな犬がうなってくるし
  さすがの少尉も青ざめて
井戸では紺の滑車が軋り
蜜蜂がまたぐわんぐわん鳴る
     (イーハトーヴォの死火山よ
      その水いろとかゞやく銀との襞をおさめよ)



(下書稿3推敲前)

三三三

一九二五、五、七、

挨拶をしに本部へ行って
書記が出て来もしないのに
芽を出した芝の上だの
調馬所の囲ひのなかを
かう生徒らがかけ歩いては
だいいちかんじやうもんだいになる
約十分間分れだなんて
あんまり早く少尉がやってしまったもんだ
ところがやつは膝の上までゲートルをはき
水筒などを肩から釣って
けろんとそらをながめてゐる
そこには四本巨きなドロが
かがやかに日を分劃し
わづかに風にゆれながら
みんなぶつぶつ硫黄の粒を噴く
じつに何とよく晴れた春のそらよ
せいせいと東北東の風が吹いて
イーハトーヴォの死火山は
斧劈のシワを示してかすみ
から松の一聯隊は
青ざめてはるかに消える
    (羊のまなこ
     蛍みだいに光るけな)
書記がぽろっとあらはれて
緑青いろに点火ともってくる
まあご随意にごらんなさいといはれたけはひ
さればいよいよ鳥も冴え
桜の花ももっともらしく
七つ森ではつゝどりどもが
いまごろ寝ぼけた機関銃
それからこんどは鶯が
三八式に啼いたので
歩兵少尉がしかつめらしく手をかざす
     (あ誰だ
      電線へ石投げたのは!)
くらい羊舎のなかからは
顔ぢゅう針のささったやうな
巨きな犬がうなってくるし
さすがの少尉も青ざめて
     (こら犬をからかってはいかん!)といふ
井戸では紺の滑車が軋り
蜜蜂は
相もかはらず歓語の網を織りつゞける
     (イーハトーヴォの死火山よ
      その水いろとかゞやく銀との襞をおさめよ)



(下書稿2推敲後)

三三三

一九二五、五、七、

挨拶をしに本部へ行って
書記が出て来もしないのに
かう生徒らが
芽を出した芝の上だの
やはらかなチモシーの上や
調馬所の囲ひのなかを
かう生徒らがかけ歩いてはかげらふのやうにかけあるいては
だいいちかんじやう問題になる
約十分間分れだなんて
あんまり早く少尉めやってしまったもんだ
ところがやつは膝の上までゲートルをはき
水筒などを肩からつって
けろんとそらをながめてゐる
そこには四本巨きなドロが
かゞやかに日を分劃し
わづかに風にゆれながら
みなぶつぶつと硫黄の粒を噴いてゐる
じつに何とよく晴れた春のそらよ
せいせいと東北東の風が吹いて
イーハトーヴォの死火山は
斧劈の皺を示してかすみ
から松の一聯隊は
青ざめてはるかに消える
花樹はリシヤの火をかゝげ
うぐひすも冴えれば
七つ森ではつゝどりどもが
いまごろ寝ぼけた機関銃などうってゐる
     ……イーハトーヴォの死火山よ
       その水いろとかゞやく銀との襞をおさめよ……
そのからまつのこっちから書記がぽろっとあらはれて
緑青いろにひかって来る
まあご随意にごらんなさいといふけはひ
こっちでは羊の眼が蛍のやうに光るといって
さわいでゐるのは小田一二
こっちではこんどは鶯が
セセッション式啼いたので
歩兵少尉がしかつめらしく手をかざす
誰だ電話の線へ石を投げたのは!
羊舎かからは顔ぢゅう針のささったやうな
巨きな犬がうなって来るし
井戸では紺の滑車も軋り
蜜蜂ばかり相もかはらず
歓語の網を織りつゞける



(下書稿2推敲前)

三三三

一九二五、五、七、

挨拶をしに事務所へ行って
書記が出て来もしないのに
やはらかなチモシーの上や
調馬所の囲ひのなかを
生徒らがかけ歩いては
あるいはかんじやう問題だ
約十分間分れだなんて
あんまり早く少尉めやってしまったもんだ
ところがやつはけろんとそらを見てゐるし
生徒らだってみんな大きな蜜蜂だ
農場長の感情も
まづお天気と差し引きだらう
じつに何とよく晴れた春のそらだ
イーハトーヴォの死火山は
その水いろとかゞやく銀で
斧劈の皺を示してかすみ
から松の一聯隊は
青ざめてはるかに消える
花樹はリシヤの火をかゝげ
うぐひすも冴えれば
七つ森ではつゝどりどもが
いまごろ寝ぼけ機関銃などうってゐる
     ……イーハトーヴォの死火山よ
       その水いろとかゞやく銀との襞をおさめよ……
書記がぽろっと事務所を出て
緑青いろにひかって来る
まあご随意にごらんなさいといふとこだらう
羊舎を出て来た生徒らは
羊の眼が蛍みたい光ってゐたと愕いてるし
七つ森ではつゝどりどもが
いまごろ寝ぼけ機関銃などうってゐる
     ……イーハトーボの死火山よ
       その水いろと
       かゞやく銀との襞をおさめよ……
こんどは鶯が
セセッション式に啼いたので
歩兵少尉がしかつめらしく手をかざす
それとも書記を見てゐるのかな
そら大へんだ
誰かたうたう電話の線へ石を投げた
羊舎かからは顔ぢゅう針をさしたやうな
巨きな犬がうなって(二字不明)
一目散に生徒はにげるし
井戸では紺の滑車も軋り
蜜蜂ばかり相もかはらず
何かのうたをうなってゐる



(下書稿1推敲後)

三三三

一九二五、五、七、

書記が事務所へ挨拶をしに出かけた間
約十分間分れだなんて
中尉どもがやってしまったもんだから
もう生徒らは走りまはって仕方ない
やはらかなチモシイの上だの
競馬場の柵のなかだの
やかましいことだって蜜蜂といったいどっちだ
北北東の風が吹いて
ぶつぶつ硫黄の粒を噴く一本の古ぼけたレントゲンの木が
しづかにうららかなそらにゆれる
向ふはリシアの焔をあげる花樹の群
また青々と風に消えるから松の列
それから例の
大斧劈皺を示してかすむ死火山の雪
七つ森ではつゝどりどもが
いまごろ寝ぼけ機関銃などうってゐる
羊舎を出て来た生徒らは
羊のまなこが蛍みたいともってゐると云ってるし
書記はこっちへ戻りながら
緑青いろに光ってゐる
   ……イーハトーボの死火山よ
     その水いろとかゞやく銀の襞を納めよ……
こんどは鶯がセセッション式に啼いたので
歩兵中尉がしかつめらしく手をかざす
そら大へんだ
誰か電線に石を投げた
羊舎かからは
顔に沢山針をさしたやうな犬が出て来て
生徒らは一目散にちらばるし
井戸では紺の滑車も軋り
蜜蜂ばかり相もかはらず歓語の網を織りつゞける



(下書稿1推敲前)

三三三

一九二五、五、七、

風はやはらかなチモシイを吹くし
あんまりいゝとこへ来たもんだし
約十五分間分れとかなんとか
中尉どもがやってしまったもんだから
もう生徒らは手に負ふない
蜜蜂といったいどっちだ
そこに一本古ぼけたレントゲンの木が
枝にぶつぶつ硫黄の粒を噴いてゐる
幾層暗むその梢で
日はかゞやかに分劃する
向ふはリチウムの焔をあげる花樹の群
また青々と風に消えるから松の列
それから例の
大斧劈皺を示してかすむ死火山の雪だ
羊舎を出て来た生徒らが
羊のまなこが蛍みたい光ってゐたとおどろいてゐる
遠くに行ってた生徒らは
緑青いろに光ってゐる
七つ森ではつゝどりどもが
いまごろ寝ぼけ機関銃などうってゐる
こんどは鶯がセセッション式に啼いたので
歩兵中尉がしかつめらしく手をかざす
そら大へんだ
誰か電線に石を投げた
羊舎かからは
顔に沢山針をさしたやうな犬が出て来るし
井戸では紺の滑車も軋り
蜜蜂ばかり歓語の網を織りつゞける