目次へ  縦書き

三三〇

〔うとうとするとひやりとくる〕

一九二四、一〇、二六、

(うとうとするとひやりとくる)
(かげらふがみな横なぎですよ)
(斧劈皺雪置く山となりにけりだ)
(大人昨夜熟睡せしや)
ヤーとや云はんナインとやいはん)
(夜半の雹雷知りたまへるや)
(雷をば覚らず喃語は聴けり)
(何でせうメチール入りの葡萄酒もって
 寅松宵に行ったでせう)
(おまけにちゃんと徳利へ入れて
 ほやほや燗をつけてゐた
 だがメチルではなかったやうだ)
(いやアルコールを獣医とかから
 何十ぺん買ふさうです
 寅松なかなかやりますからな)
(湧水にでも行ったゞらうか)
(柏のかげに寝てますよ)
(しかし午前はよくうごいたぞ
 標石十も埋めたからな)
(寅松どうも何ですよ
 ひとみ黄いろのくわしめなんて
 ぼくらが毎日云ったので
 刺戟を受けたらしいんです)
(そいつはちょっとどうだらう)
(もっともゲルベアウゲの方も
 いっぺん身売りにきまったとこを
 やっとああしてゐるさうですが)
(あんまり馬が廉いもなあ)
(ばあさんもゆふべきのこを焼いて
 ぼくにはいろいろ口説いたですよ
 何ぼ何食っておがったからって
 あんまりむごいはなしだなんて)
(でも寅松へ嫁るんだらう)
(さあ寅松へどうですか
 野馬をわざと畑へ入れて
 放牧主へ文句をつけたことなどを
 ばあさん云ってゐましたからね)
(それでは嫁る気もないんだな)
(キャベヂの湯煮にも飽きましたなあ)
(都にこそは待ちたまふらん)
(それはこっちのことでせう
 ご機嫌いかゞとあったでせう)
(安息す鈴蘭の蓐だ)
(さあそれはその蓐古びて黄なりです)
(山嶺既にト々)
(天蓋朱黄燃ゆるは如何)
(爪哇の僭王胡瓜を啖ふ)
(誰か王位を微風に承けん)
(アダヂオは弦にはじまる)
(柏影霜葉喃語を棄てず)
(冠毛燈! ドラモンド光!)

(本文=下書稿5推敲後)



(下書稿5推敲前)

三三〇

一九二四、一〇、二六、

(うとうとするとひやっとくる)
(かげらふがみな横なぎだもね)
(大人昨夜安眠ありや)
ヤーとや云はんナインとやいはん)
(夜半の雹雷知りたまへるや)
(雷をば覚らず喃語は聴けり)
(ははあ酋松メチール入りの葡萄酒もって
 あなたの室へも入ったでせう)
(とても強くて渋いんだ
 おまけに酣をつけてゐた)
(酋松とてもやりますよ
 首にはうこんのきれなど巻いて)
(そこらの枯草くさに寝てゐるぞ
 ちゃんとテープと時計をもって)
(柏の音できこえませんよ)
(尊公何をか義憤をなせる)
(瞳黄いろのかのくわし
 ひとたび身売りのとこなりしなり)
(蒼天ひとり何ぞ耿々)
(それを炉ばたのあの眼の赤いばあさんが
 何ぼ何食っておがったからって
 あんまりむごいはなしだと
 親類中を毎日泣いて話して
 やっとどうにかしたさうです)
(どうもずゐぶんせわしくなった
 けれどもまづは祝して可なりだ)
(ぼくはまた昨晩炉ばたに祝し
 老婆はきのこを炙りて饗す
 然も何ぞや酋松のやつ
 大盗奪はず小盗奪ふ)
(盗をし云はゞみなこれ盗)
(之を明日の組織に俟つ)
(過大にあらずば期待も可なり)
(大人熱意甚だ足らず)
(清福はあり鈴蘭の蓐)
(その蓐すでに古びて黄なり)
(この時山嶺既にト々)
(天蓋朱黄燃ゆるは如何)
(爪哇の僭王胡瓜を啖ふ)
(王位を風に承けしは誰ぞ)
(アダヂオは弦にはじまる)
(風に鉱質の二色性あり)
(冠毛燈! ドラモンド光!)



(下書稿4推敲後)

三三〇

一九二四、一〇、二六、

(よしそんならこんどは天狗問答で行かう)
(何をか辞せん)
(鈴蘭馬喰まず
 その実卯眼に似たり
 鈴蘭更に繁を加ふ
 牧人之を如何せん)
(以て即ち蓐として座す)
(その蓐すでに古びて黄なり)
(一月の銀 六月の芳)
(頭上の天蓋朱黄燃えなんとして如何)
(爪哇の僭王胡瓜を啖ふ)
(風の王位に即くものは誰ぞ)
(adagio は弦にはじまる)
(風に鉱質の二色性あり)
(冠毛燈! ドラモンド燈!)



(下書稿4推敲前)

------------------------------------------------------------

三三〇

一九二四、一〇、二六、

(よしそんならこんどは天狗問答で行かう)
(何をか辞せん)
(鈴蘭馬喰まず
 その実兎眼に似たり
 牧野これに仍て窮す
 救治それ如何)
(牧を廢して園となす)
(園多きを加ふ
 これ即ち不祥なるを如何)
(海を以て牧をなす)
(何の獣かよく海に育す)
(鯨)
(鯨肉人賞せず
 鯨乳人見るなし)
(育種之を改む)
(爾徒に妄語を玩びて
 以て大人を翻らうす
 看よ看よ
 爾が頭上天蓋既に燃えたり)
(爪哇の僭王胡瓜を啖ふ)
(風の王位に即くものは誰ぞ)
(adagio は弦にはじまる)
(風に鉱質の二色性あり)
(冠毛燈! ドラモンド燈!)



(下書稿3)

------------------------------------------------------------

三三〇

霜林幻想

一九二四、一〇、二六、

……いゝか、この野原から抜け出してはだめだぞ
……いゝとも さあ出した……
……発句の方はきみがやれ……
……ずるいぞ。よし、
……霜いくたび兎の糞も枯れにけり
……あたまから不調法だな えゝと
……また、演習の沙汰ぞあるらん
……山葡萄人にしられず渡し了へて……
……なんだ野原から出たんでないか
……あすこは立派に裾野のうちさ
……さうかでは母はあやぶむ朝の麦ふみか……
……かうなるとあの部落を抜け難いな斧劈皺雪置く山となりにけり……
……うこんのきれをのどに巻くらん
……御料地のさきだち二日たのまれて
……あはれはかなき虫とわれかな
……どうもどこかで聞いたやうだぞ……
……類句はあるかもしれん……
……下の句に類句だなんてあるもんか古今集かな……
……ははあ……
……まあいゝ柏の樹おなかさかさと鳴りそめて
……おとめは遠く去りにけるかな
  おいおい何だそれは
……何でもない 続けただけさ
……本気でないな
  おとめは遠くなりてけるかな
  まるで暁烏さんの歌だ
  てけるかなとはなんだ
  まあいゝ えゝと
  泉川どろの木の葉の落ちちりて
……それはとにかく世のさわがしさ
  たうたう六たう三略を出したな
  立派に落城だらう
  さあ、引導をわたして破っちまへ
……きみが渡せ……
……いゝとも
  きみは負けたんだから小僧だ
  いま案文を作るからなえゝと
……柏林の中にゐると
  まるで昔の西域のお寺へ行ったやうだ
  かねをたゝけ かねを
  よしもういゝか がんもんもんもんもんもんもんもんもん
  天朗れて影明なり霜葉林
  情炎洗ひつくして風凛々
  うやうやしく惟るに新帰元
  新派月並はいかい居士霊位
  それ月天は浄明の幡を連亘し
  斧劈皺下に雪爛燦たりと雖も
  柏樹律なく黄原に点ずれば
  十方無韻蒼亦蒼
  どらどら
  じゃんぼんじゃんぼんじゃんぼー
  汗が出るなきみの引導をきいてると
  きみの下の句こそ何だ、
……よしそんならこんどは天狗問答で行かう
……何をか辞せん
……鈴蘭実は熟れて兎眼に似たり
……野蓐既に古びて黄なるを如何
……雲は被って白し五月は萌して青し
……汝の頭上天蓋をかく朱黄の諸宝燃えなんとして如何
……爪哇の僭王胡瓜を啖ふ
……風の王位に即くものは誰ぞ
……adagio は弦にはじまる
……風に鉱質の二色性あり
……冠毛燈! ドラモンド燈!



(下書稿2推敲後)

三三〇

霜林幻想

一九二四、一〇、二六、

……いゝか
  周天は連亘す浄明の幡
……無律!
……柏樹律なく黄原に点ず
……無韻!
……十方無韻詩を為る 安息の午
……妄!
……妄りに霜葉を踏んで帰還を忘る
……それではこんどはおれが出す
  天晴れて影明なり霜葉林
……月並!
……月並なんてどうして漢詩へ入れられる
……恐れ入ったか
……何が恐れ入るもんか 暴評だ
……では譲歩して 俗!
……俗塵洗ひ尽す風凛々
……風凛々 あっはっはっは
……漫罵却って通し枯草の原
……枯草の原 わっはっはっは
……仮に一嘲を加へて更に閑森
……全篇よろよろ!
……おい風凛々といふのは何がおかしい
……おかしいな
……枯草の原といふのは何がおかしい
……とにかくおかしいな
……よし そんならこんどは天狗問答で行かう
……何をか辞せん
……鈴蘭実は熟れて兎眼に似たり
  野蓐既に古びて黄なるを如何
……雲は被って白し五月は萌して青し
……汝の頭上天蓋をかく
  朱黄の諸宝燃えなんとして如何
……爪哇の僭王胡瓜を啖ふ
……風の王位に即くものは誰ぞ
……adagio は弦にはじまる
……風に鉱質の二色性あり
……冠毛燈! ドラモンド燈!



(下書稿2推敲前)

三三〇

初冬幻想

一九二四、一〇、二六、

……いゝか
  周天は連亘す浄明の幡
……無律!
……無律林上日は燦々
……無韻!
……十方無韻蒼亦蒼
……妄!
……妄りに霜葉を踏んで帰還を忘る
……それではこんどはおれが出す
  天晴れて影明なり霜樹林
……月並!
……月並なんてどうして漢詩へ入れられる
……恐れ入ったか
……何が恐れ入るもんか 暴評だ
……では譲歩して 俗!
……俗塵洗ひ尽す風凛々
……風凛々 あっはっはっは
……漫罵却って通し枯草の原
……枯草の原 わっはっはっは
……更に一嘲を加へて更に閑森
……全篇よろよろ!
……おい風凛々といふのは何がおかしい
……おかしいな
……枯草の原といふのは何がおかしい
……とにかくおかしいな
……よし そんならこんどは天狗問答で行かう
……何をか辞せん
……鈴蘭実は熟れて兎眼に似たり
  野蓐既に古びて黄なるを如何
……雲は被って白し五月は萌して青し
……諸宝の天蓋将に燃えなんとして如何
……爪哇の僭王胡瓜を啖ふ
……風の王位に即くものは誰ぞ
……adagio は弦にはじまる
……風に鉱質の二色性あり
……冠毛燈! ドラモンド燈!



(下書稿1推敲後)

三三〇

初冬幻想

一九二四、一〇、二六、

(いゝか、周天は連亘す浄明の幡)
(無韻!)
(十方無韻蒼亦蒼)
(堕す!)
(遊人誤て堕す炎樹林)
(妄!)
(妄りに霜葉を踏んで帰還を忘る)
(参った、こんどはおれが出すぞ
 天朗れて影明なり霜葉林)
(月並!)
(月並なんて漢詩へ入れられるか)
(参ったか)
(何が参るもんか きさまの方が悪いんだ)
(さうかそれでは譲歩して 俗!)
(俗塵洗ひ尽す水精の風)
(水精の風 あっはっはっは)
(漫罵却て遠し枯草の原)
(枯草の原 わっはっはっは)
(更に一嘲を加へて寂更に寂)
(全篇よろよろ!)
(おい、水精の風といふのは何がおかしい)
(おかしいな)
(枯草の原といふのは何がおかしい)
(とにかく おかしいな)
(よし,そんならこんどは天狗問答で行かう)
(何でも来いだ)
(鈴蘭実は熟して兎眼に似たり
 野蓐既に古びて黄なるを如何)
(雪は被って白し五月は萌して青し)
(諸宝の天蓋将に燃えなんとして如何)
(爪哇の僭王胡瓜を啖ふ)
(風の王位に即くものは誰ぞ)
(adagio は絃にはじまる)
(風に鉱質の二色性あり
(冠毛燈! ドラモンド光)



(下書稿1推敲前)

三三〇

柏林のピクニック

一九二四、一〇、二六、

(いゝか、周天は連亘す浄明の幡)
(無韻!)
(十方無韻蒼亦蒼)
(堕す!)
(遊人誤て堕す炎樹林)
(妄!)
(妄りに霜葉を踏んで帰還を忘る)
(参った、こんどはおれが出すぞ
 天朗れて影明なり霜葉林)
(月並!)
(月並なんて漢詩へ入れられるか)
(参ったか)
(何が参るもんか きさまの方が悪いんだ)
(さうかそれでは譲歩して 俗!)
(俗塵洗ひ尽す水精の風)
(水精の風 あっはっはっは)
(故無くして人は笑ふ枯草の上)
(枯草の上 わっはっはっは)
(更に一嘲を加へて空更に寂)
(全篇よろよろ!)
(おい、水精の風といふのは何がおかしい)
(おかしいな)
(枯草の上といふのは何がおかしい)
(とにかく おかしいな)
(よし,そんならこんどは天狗問答で行かう)
(何でも来いだ)
(鈴蘭実は熟して兎眼に似たり
 野蓐既に古びて黄なるを如何)
(雪は被って白し五月は萌して青し)
(諸宝の天蓋将に燃えなんとして如何)
(爪哇の僭王胡瓜を啖ふ)
(風の王位に即くものは誰ぞ)
(adagio は絃にはじまる)
(風に石油の二色性あり
(冠毛燈! ドラモンド光)