目次へ  縦書き

三二六

〔風が吹き風が吹き〕

一九二五、四、二〇、

風が吹き風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花ゆれるゆれる
吹き吹き西の風が吹き
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた
頌歌訳詞のその憤懣にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み)
  東は青い銅のけむりと
  いちれつひかる雪の乱弾
吹き吹き西の風が吹き
レンズ! ヂーワン! グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる

(本文=定稿)



(下書稿3推敲後)

三二六

風と木

一九二五、四、二〇、

風が吹き風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花ゆれるゆれる
吹いて吹いて、風が吹いて吹いて
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず置き棄てられた、
頌歌訳詞のその憤懣にも風が吹いて
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み……)
東は青い銅のけむりと、
たちまち巻雲日を過ぎて
貝の型した雲の乱弾
また風が吹き風が吹き、……ゆすぶるゆすぶる褐の房……
吹き吹き西の風が吹き
レンズ! ヂーワン! グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる



(下書稿3推敲前)

三二六

風と木

一九二五、四、二〇、

風が吹き風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
風が吹き風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花ゆれるゆれる
風が吹き風が吹き
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた
頌歌訳詞のその憤懣にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み……)
東は青い山地のけむり
いちれつのぼるのろしの雲や、
また風が吹き風が吹き、……ゆすぶるゆすぶる褐の房……
吹き吹き西の風が吹き
レンズ! ヂーワン! グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる



(下書稿2)

※元の用紙から切り取られて、下書稿3に組み込まれている。(略)



(下書稿1推敲後)

三二六

風と木

一九二五、四、二〇、

風が吹き風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした神学士にも風が吹き
かへりみられず棄てられた戯曲の憤懣にも風が吹き
風が吹き風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花踊る踊る
風が吹き風が吹き
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた
詩の憤懣にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み……)
日はいま天の焦点を過ぎ
東は青いシガーのけむり
いちれつのぼるのろしの雲や
土耳古玉いろの天末を
またそろそろと風が吹き
風が吹き風が吹き
吹き吹き西の風が吹き
はんの毬果はゆれるゆれる
レンズ、ヂーワン、グレープショット!
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる



(下書稿1推敲前)

三二六

風と木

一九二五、四、二〇、

西風が吹き西風が吹き
青い鉛筆にも風が吹き
かへりみられず棄てられた戯曲の憤懣にも風が吹き
風が吹き風が吹き
はんの木の房踊る踊る
偏光! 斜方錐! トランペット!
はんの木の花踊る踊る
西風が吹き西風が吹き
残りの雪にも風が吹き
猫の眼をした
おとなしい 神学士にも風が吹き
はんの木の花おどるおどる
     (塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み
      塩をたくさんたべ
      水をたくさん呑み……)
東は青いシガーのけむり
つづけてのぼるのろしの雲や
また風が吹き風が吹き
えだいちめんにゆすぶるゆすぶる褐の房
巻雲は天の焦点を過ぎ
三つ残った黒い毬果を
また風が吹き西風が吹き出し
西風が吹き
はんの雄花はこんどはしばらく振子になる