目次へ  縦書き

三二四

郊外

一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし
野原は寒くあかるくて
水路もゆらぎ
穂のない粟の塔も消される
    鷹は鱗を片映えさせて
    まひるの雲の下底をよぎり
    ひとはちぎれた海藻を着て
    煮られた塩のさかなをおもふ
西はうづまく風のへり
紅くたゞれた錦の皺を
つぎつぎ伸びたりつまづいたり
乱積雲のわびしい影が
まなこのかぎり南へ滑り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
    毬をかゞげた二本杉
    七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんを
霧が火むらに燃えたてば
江釣子森の松むらばかり
黒々として溶け残り
人はむなしい幽霊写真
たゞぼんやりと風を見送る

(本文=定稿)



(「現代日本詩集」発表形 1933年4月1日)

郊外

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍つた雨をおとし
野はらは寒くあかるくて
水路もゆらぎ
穂のない粟の塔も消される
 鷹はうろこを片映えさせて
 まひるの雲の下底かていぎり
 ひとはちぎれた海藻を着て
 煮られた塩のさかなをおもふ
西はうづまく風の底
紅くたゞれた錦の皺を
つぎつぎ伸びたりつまづいたり
乱積雲のわびしい影が
まなこのかぎり南へ移り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
 毬をかゞげた二本杉
 七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんを
霧がむらに燃えたてば
江釣子森の松むらばかり
黒々として融け残り
人はむなしい幽霊写真
たゞぼんやりと風を見送る



(下書稿4推敲後)

三二四

一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし
野原は寒くあかるくて
水路もゆらぎ
穂のない粟の塔も消される
  鷹は鱗を片映えさせて
  まひるの雲の下底を過ぎり
  ひとり耿々野をよぎり
  ひとはちぎれた海藻を着て
  煮られた塩の魚をおもふ
西はうづまく風の底
紅くたゞれた錦の皺を
つぎつぎ伸びたりつまづいたり
乱積雲のわびしい影が
まなこのかぎり南へ滑り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんを
霧が火むらに燃え立てば
江釣子森の松むらばかり
黒々として溶け残り
人はむなしい幽霊写真
たゞぼんやりと風を見送る



(下書稿4推敲前)

三二四

一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし
野原は寒くあかるくて
水路の面もしろくゆれ
穂のない粟の塚も消される
  鷹は鉛の鱗をつけて
  耿々として野をよぎり
  人はちぎれた海藻を着て
  煮られた塩の魚をおもふ
西はうづまく風の底
紅くたゞれた錦の皺を
乱積雲のわびしい影が
つぎつぎのびたりつまづいたり
いくつもいくつも南へ滑り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんに
霧の火むらが燃えあがり
江釣子森の松むらばかり
黒々として溶け残る



(下書稿3推敲後)

三二四

一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし、
野原は寒くあかるくて、
水路の面もしろくゆれ
穂のない粟の塚も消される
  鷹は鉛の鱗をつけて、
  耿々として野をよぎり
  人はちぎれた海藻を着て、
  煮られた塩のさかなをおもふ。
西はうづまく風の底
紅くたゞれた錦の皺を
乱積雲のわびしい影が
つぎつぎのびたりつまづいたり
いくつもいくつも南へ滑り
山の向ふの秋田のそらは
かすかに白い雲の髪
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんに
霧の火むらが燃えあがり
江釣子森の松むらばかり
黒々として溶け残る



(下書稿3推敲前)

三二四

一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし、
野原は寒くあかるくて、
穂のない粟の塚も消される
  人はちぎれた海藻を着て、
  煮られた塩のさかなをおもひ、
  鷹は鉛の鱗をつけて、
  耿々として野をよぎる
西は渦巻く風の底、奥羽竜骨山脈の
紅くたゞれた彫鏤の面を
一つの雲の巨きな影が
つまづきながら南へすべる
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
たちまち山の襞いちめんに
氷と霧の火があがり
江釣子森の松むらばかり
黒々として沈んでしまふ



(下書稿2推敲後)

三二四

一九二四、一〇、二九、

そらいっぱいの卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし、
野原は寒くあかるくて、
穂のない粟の塔も消される
  人はみな海藻を着て
  煮られた塩のさかなをおもひ
  鷹はかゞやく鱗をつけて
  耿々として野をよぎる
西は渦巻く風の下
紅くたゞれた彫鏤の上を
一つの雲のつめたい影が
つまづきながらしづかにすべる
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
いきなり西の視野いちめんに
まっ白な氷と霧の火があがり
江釣子森の岩頚ばかり黒々として沈んでしまふ



(下書稿2推敲前)

三二四

一九二四、一〇、二九、

卑しくひかる乱雲が
ときどき凍った雨をおとし、
野原は寒くあかるくて、
穂のない粟も洗はれる
毬を吊げた二本の杉を
紺のサージのむすめがひとり
森の部落へ急いで帰る
西は渦巻く風の下
紅くたゞれた彫鏤の上を
一つの光鱗魚類の影が
しづかに北へすべっておりる
  毬をかゞげた二本杉
  七庚申の石の塚
  竜や錦や水精や風
いきなり西の視野いちめんに
まっ白な氷と霧の火があがり
江釣子森の岩頚ばかり黒々として沈んでしまふ



(下書稿1推敲後)

三二四

一九二四、一〇、二九、

穹窿そらいっぱいの
卑しく光る乱雲が
ときどき凍った梅を落し
野原は寒くあかるくて、
穂のない粟も洗はれる
西は渦巻く雲の毛の下
水精と錦で刻む山脉を
紅く爛れて燃えた彫鏤の上を
一つの光鱗魚類の陰影が
しづかに北へすべって降りる
  ……さびしく枯れた萱のむら
    毬をかゞげた二本杉……
紺のサージのむすめがひとり
森の部落へ急いで行けば
いきなり西の視野いちめんに
まっしろな氷と霧の火があがり
江釣子森の岩頚が
黒々として沈んでしまふ



(下書稿1推敲前)

三二四

一九二四、一〇、二九、

穹窿そらいっぱいの竜どもが
おもひだしては唾を吐き
その唾凍り
野原は寒くあかるくて、
残りの梨実なしも洗はれる
  ……水晶と錦を使ふ東洋風のこの手法テクニック
西は渦巻く雲の白髪の下に
山脉が紅く爛れて燃え
その一一の彫鏤の上を
一つの竜の黒い陰影が
いきなり北へすべって落ちる
  ……天頂にいま青ぞらの片があらはれ
    東が白い光の棒で飾られる……
こんどは西の視野いちめんに
まっしろな氷と霧の火があがる
  ……おれはまさしく丈け一由旬になってゐる……
江釣子森の岩頚(三字不明)が
黒々として沈んでしまふ