目次へ  縦書き

三一七

善鬼呪禁

一九二四、一〇、一一、

なんぼあしたは木炭すみを荷馬車に山に積み
くらいうちから町へ出かけて行くたって
こんな月夜の夜なかすぎ
稲をがさがさ高いところにかけたりなんかしてゐると
あんな遠くのうす墨いろの野原まで
葉擦れの音も聞こえてゐたし
どこからどんな苦情が来ないもんでもない
だいいちそうら
そうら あんなに
苗代の水がおはぐろみたいに黒くなり
畦に植はった大豆まめもどしどし行列するし
十三日のけぶった月のあかりには
十字になった白い暈さへあらはれて
空も魚の眼球めだまに変り
いづれあんまり録でもないことが
いくらもいくらも起ってくる
おまへは底びかりする北ぞらの
天河石アマゾンストンのところなんぞにうかびあがって
風をまくらふ野原の慾とふたりづれ
威張って稲をかけてるけれど
おまへのだいじな女房は
地べたでつかれて酸乳みたいにやはくなり
口をすぼめてよろよろしながら
丸太のさきに稲束をつけては
もひとつもひとつおまへへ送り届けてゐる
どうせみんなの穫れない歳を
逆に旱魃ひでりでみのった稲だ
もういゝ加減区劃りをつけてはねおりて
鳥が渡りをはじめるまで
ぐっすり睡るとしたらどうだ

(本文=定稿)



(下書稿2)

三一七

善鬼呪禁

一九二四、一〇、一一、

なんぼあしたは木炭すみを荷馬車に山に積み
くらいうちから町へ出かけて行くたって
こんな月夜の夜なかすぎ
稲をがさがさ高いところにかけたりなんかしてゐると
あんな遠くのうす墨いろの野原まで
葉擦れの音も聞こえてゐたし
どこからどんな苦情が来ないもんでもない
だいいちそうら
そうら あんなに
苗代の水がおはぐろみたいに黒くなり
くろに植はった大豆まめもどしどし行列するし
十三日のけぶった月のまはりには
十字になった白い暈さへあらはれて
空も魚の眼球めだまに変り
いづれあんまり録でもないことが
いくらもいくらも起ってくる
おまへは底びかりする北ぞらの
天河石アマゾンストンのところなんぞにうかびあがって
風をま喰ふ野原の慾とふたりづれ
威張って稲をかけてるけれど
おまへのだいじな女房は
下でつかれて酸乳みたいにやわくなり
口をすぼめてよろよろしながら
丸太のさきに稲束をつけては
もひとつもひとつおまへへ送り届けてゐる
どうせみんなの穫れないときに
逆に旱魃ひでりでみのった稲だ
もういゝ加減区りをつけてはねおりて
鳥が渡りをはじめるまで
ぐっすり睡るとしたらどうだ



(下書稿1推敲後)

三一七

過労呪禁

一九二四、一〇、一一、

なんぼあしたは木炭を荷馬車に山に積み
くらいうちから町へ出かけて行くたって
こんな月夜の夜なかすぎ
稲をがさがさ高いところにかけたりなんかしてゐると
あんな遠くのうす墨いろの野原まで
葉擦れの音も聞こえてゐたし
どこからどんな苦情が来ないもんでない
おまけにそうら
そうらあんなに
苗代の水がおはぐろみたいに黒くなり
畦に植はった大豆まめはどしどし行列するし
十三日のけぶった月のまはりには
十字になった白い暈さへあらはれて
空も魚の眼球に変り
いづれあんまり録でもないことが
いくらもいくらも起ってくる
おまへは底びかりする北ぞらの
天河石アマゾンストンのところなんぞにうかびあがって
風をま喰ふ野原の慾とふたりづれ
威張って稲をかけてるけれど
おまへのだいじな女房は
下でつかれて酸乳みたいにやわくなり
口をすぼめてよろよろしながら
丸太のさきに稲束をつけては
もひとつもひとつおまへへ送り届けてゐる
どうせみんなのとれないときに
ぎゃく旱魃ひでりでみのった稲だ
もういゝ加減区劃りをつけてはねおりて
あいつを抱いてやったらどうだ



(下書稿1推敲前)

三一七

過労呪禁

一九二四、一〇、一一、

なんぼあしたは木炭を荷馬車に山に積み
くらいうちから町へ出かけて行くたって
こんな月夜の夜なかすぎ
稲をがさがさ高いところにかけたりなんかしてゐると
  ……ずゐぶん遠くの原までも
    葉擦れの音は聞こえるもんだ……
そうら あんなに
苗代の水がおはぐろみたいに黒くなり
畦に植はった大豆まめはどしどし行列するし
十三日のけぶった月のまはりには
十字になった白い暈さへあらはれて
空も魚の眼球に変り
いづれあんまり録でもないことが
いくらもいくらも起ってくる
おまへは底びかりする北ぞらの
天河石アマゾンストンのところなんぞにうかびあがって
風をま喰ふ野原の慾とふたりづれ
威張って稲をかけてるけれど
おまへのだいじな女房は
下でつかれて乳酸みたいにやわくなり
口をすぼめてよろよろしながら
丸太のさきに稲束をつけては
もひとつもひとつおまへへ送り届けてゐる
もういゝ加減区劃りをつけてはねおりて
そいつを抱いてやったらどうだ



(雑誌「貌」発表形 1925年7月28日)

過労呪禁

なんぼあしたは木炭すみを荷馬車に山に積み
くらいうちから町へ出かけて行くたつて
こんな月夜の夜の夜なかすぎ
稲をがさがさ高い処にかけたりなんかしてゐると
 …ずゐぶん遠くの原までも
  葉擦れの音は聞こえるもんだ……
そうら あんなに
苗代の水がおはぐろみたいに黒くなり
畦に植はツた大豆まめはどしどし行列するし
十三日のけぶつた月のまはりには
十字になつた白い暈さへあらはれて
空も魚の眼球に変り
いづれあんまり碌でもないことが
いくらもいくらも起つてくる
おまへは底びかりする北空の
天河石アマゾンストンのところなんぞにうかびあがつて
風をまくらふ野原の慾とふたりづれ
威張つて稲をかけてるけれど
おまへのだいじな女房は
下でつかれて乳酸みたいにやはくなり
口をすぼめてよろよろしながら
丸太の先に稲束をつけては
もひとつもひとつおまへへ送り届けてゐる
もういゝ加減区劃くぎりをつけてはねりて
そいつを抱いてやつたらどうだ