目次へ  縦書き

三一一

昏い秋

一九二四、一〇、四、

黒塚森の一群が
風の向ふにけむりを吐けば
そんなつめたい白い火むらは
北いっぱいに飛んでゐる
  ……野はらのひわれも火を噴きさう……
雲の鎖やむら立ちや
白いうつぼの稲田にたって
ひとは幽霊写真のやうに
ぼんやりとして風を見送る

(本文=下書稿2推敲後)



(下書稿2推敲前)

三一一

昏い秋

一九二四、一〇、四、

雲の鎖やむら立ちや
また木醋をそらが充てたり
はかない悔いを湛えたり
黒塚森の一群が
風の向ふにけむりを吐けば
そんなつめたい白い火むらは
北いっぱいに飛んでゐる
  ……あ(以下不明)
    (一行不明)
    (十数字不明)ある……
最后のわびしい望みも消えて
楊は堅いブリキにかはり
たいていの濶葉樹のへりも
(約二字不明)れた雨に黄いろにされる
  ……いったい鳥は避難でもするつもりだらうか
    群になったり大きなやつらは一疋づつ
    せわしく南へ渡って行く……
雲の鎖やむら立ちや
白いうつぼの稲田にたって
ひとは幽霊写真のやうに
ぼんやりとして風を見送る



(下書稿1推敲後)

三一一

昏い秋

一九二四、一〇、四、

(雲の鎖やむら立ちや
 また木醋を宙に充てたり
 はかない悔いのいろを湛えたりするとき
 一つの森が風のなかにけむりを吐けば
 そんなつめたい白いむらは
 北いっぱいに飛んでゐる
 わびしい秋も終りになって
 楊は堅いブリキにかはり
 たいていの濶葉樹のへりも
 酸っぱい雨に黄いろにされる
 じつに避難でもするつもりなのか
 群になったり大きなやつらは一疋づつ)
鳥はせわしく南へ渡り
ひとは幽霊写真のやうに
白いうつぼの稲田に立って
ぼんやりとして風を見送る



(下書稿1推敲前)

三一一

昏い秋

一九二四、一〇、四、

雲の鎖やむら立ちや
また木醋を宙に充てたり
はかない悔いのいろを湛えたりするとき
一つの森が風のなかにけむりを吐けば
そんなつめたい白いむらは
北いっぱいに飛んでゐる
わびしい秋も終りになって
楊は堅いブリキにかはり
たいていの濶葉樹のへりも
酸っぱい雨に黄いろにされる
じつに避難でもするつもりなのか
群になったり大きなやつらは一疋づつ
鳥はせわしく南へ渡り
ひとは幽霊写真のやうに
白いうつぼの稲田に立って
ただぼんやりと風を見送る