目次へ  縦書き

三〇九

〔南のはてが〕

一九二四、一〇、二、

南のはてが
灰いろをしてひかってゐる
ちぎれた雲のあひだから
そらと川とがしばらく闇にえ合ふのだ
そこから岸の林をふくみ
川面いっぱいの液を孕んで
風がいっさん溯ってくる
ああまっ甲におれをうつ
……ちぎれた冬の外套を
  翼手のやうにひるがへす……
    (われ陀羅尼珠を失ふとき
     落魄ひとしく迫り来りぬ)
風がふたゝびのぼってくる
こはれかかったらんかんを
嘲るやうにがたがた鳴らす
……どんなにおまへが潔癖らしい顔をしても
  翼手をもった肖像は
  もう乾板にはいってゐると……
    (人も世間もどうとも云へ
     おれはおまへの行く方角で
     あらたな仕事を見つけるのだ)
  風がまた来れば
一瞬白い水あかり
    (待ておまへはアルモンブラックだな)
乱れた鉛の雲の間に
ひどく痛んで月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星だらう
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる

(本文=定稿)



(下書稿2推敲後)

三〇九

アルモンブラック

一九二四、一〇、二、

闇の向ふが灰いろをしてひかってゐる
しばらくちぎれた
雲のひまから
南のそらと川が
わづかに映えるのだらう
そこからまっ黒な川面いっぱい
いきなり風が
溯ってきて
ひとのちぎれた外套を
翼手のやうにひるがへし
   ……風ののぼって行く方で
     わびしい仕事をみつけるのだ……
しめった風がまた来れば
一瞬白い水あかり
    (待ておまへはアルモン黒だな)
乱れた鉛の雲の間に
ひどく痛んで月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星だらう
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる
闇いっぱいの湿気をまとって
風がもいちどやってくる
ああまっかうにおれをうつ
   ……あまい郷里きいふものが
     まもなくひとに落ち目を贈り
     そしてしづかにあざわらふ……



(下書稿2推敲前)

三〇九

アルモンブラック

一九二四、一〇、二、

夜の息吹きが
川面いっぱい溯ってきて
ひとのちぎれた外套を 翼手のやうにひるがへす
   ……あゝその黒い上衣の飛んだ方角にあのなつかしい山がある……
劫初の風がまた来れば
一瞬白い水あかり
    (待ておまへはアルモン黒だな)
乱れた鉛の雲の間に
ひどく痛んで月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星だらう
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる



(下書稿1推敲後)

三〇九

アルモンブラック

一九二四、一〇、二、

夜の息吹きがまた来れば
上着は何か翼になってひるがへる
わづかな水の呟きと
びしびし鳴らす宙の電線
劫初の風がまた来れば 一瞬白い水あかり
  (待て、おまへは「アルモン黒」だな)
乱れた鉛の雲の間に
ひどく荒んだ月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星だらう
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる



(下書稿1推敲前)

三〇九

アルモンブラック

一九二四、一〇、二、

風の息吹きがまた来れば
わたくしの上着は大きな夜の翼になってひるがへる
わづかな水の呟きと
いっそかなしい悔いばかり
劫初の風がまた来れば 一瞬白い月あかり
  (待て、おまへは「アルモン黒」だな)
       Oh, that horrible pink dots!
       Oh, that horrible pink dots!
乱れた鉛の雲の間に
ひどく荒んだ月の死骸があらはれる
それはあるひは風に膨れた大きな白い星なのか
烏が軋り
雨はじめじめ落ちてくる
   あゝ電線はさっきから
   宙でわたしをうらなってゐたのだ